FC2ブログ


ドレタキ! 2-7 新人教育

予告通り「ドレタキ!」を更新します。エリーちゃんは今回で無事にブローチを取り戻せるのでしょうか!?
実はきまぐれで描いたジョン(詰みゲー!の主人公)の絵が気に入ったのでPC版の右上の方に載せときました。良ければ一目見てへったくそな絵だとあざ笑って下さい。
以上、天野孔雀でした。



前回のあらすじ
新人メイドのエリーが落としたブローチを求めて落とし物管理室にやってきた執事、ベロニカ、エリー。しかし、ブローチは「クリスン」なる人物に返却された後だった。
さて、ブローチは無事にエリーの元に返るのか?




2-7  新人教育


「クリスさん!落とし物管理部です!ここを開けて下さい!」

フィローネさんはクリスのメイド控え室にやってくるなり部屋のドアを乱暴にノックした。さっきまで穏やかだった彼女の豹変っぷりから彼女とクリスには浅からぬ因縁があるようだ。

「クリスったら、またやったのかしら・・・・・・」

ふと、つぶやいたのはメイドB、ベロニカだった。

「誰が・・・・・・!まあいいわ。それどころじゃないし」
「なにブツブツ言ってるんだ、メイドB?」
「殺すぞお前。……クリスがまた落とし物をだまし取ったってことよ」
「だまし取る・・・・・・ですか?」
「そーよ」

エリーの問いにベロニカがため息混じりに応えたとき、クリスの部屋のドアが開いた。

「あら、またあなたですか・・・・・・。どうぞ、いらっしゃい」

クリスは完璧な笑顔でフィローネ以下四名を出迎えた。


***


いきなり押し掛けた四人に対してクリスはとても丁寧に応対した。四人をテーブルに座らせ、沸かしたての紅茶を淹れてくれたのだ。執事はとても幸せな気分になった。
しかし、フィローネさんは紅茶を飲む前に口を開いた。

「さきほど落とし物管理部に『クリスン』さんという方がいらっしゃいました」
「あら、そうなの?」

クリスが席につき、優雅に紅茶をすすりながら応える。

「そして私はその方に『E』というイニシャルの入った百合の花のブローチを返却しました」
「さぞかしお高い・・・・・・、いえ良いブローチだったのでしょうね」
「・・・・・・さあ、クリスンもといクリスさん!ブローチを返していただきましょう!」

いきなり立ち上がりクリスを指さすフィローネだったが、

「・・・・・・は?」

完全にのれんに腕押しだった。

「あなたはいつもここにいらっしゃっては同じようなことをおっしゃいますが、その度に私がいつも申し上げている
ことを覚えておいでで?」
「いえ、全く!」
「『確固たる証拠を持ってきて下さいといつも申し上げております』と言っています。・・・・・・証拠はお持ちで?」
「しょ、証拠ですか? 証拠、証拠・・・・・・」

クリスの言葉でフィローネさんは明らかに動揺している。そんなフィローネさんを見て執事とメイドB、エリーはひそひそと話し始めた。

「いきあたりばったりで来たんだな」
「それだけ必死なのよ。それにクリスって強敵だし」
「そうなんですか?」
「そうよ。犯人なのにあれだけ堂々としているでしょ。風格の段階で勝てないわ」
「いや、風格は関係ないだろ・・・・・・」

・・・・・・と三人の雑談中に周りをキョロキョロして証拠を探していたフィローネさんはついに何かを見つけだした。

「そ、それ!そのカツラ!それは『クリスン』さんの髪型にそっくりです!」

ベッドの上に無造作に置かれたカツラを指さして勝ち誇ったようにドヤ顔を見せるフィローネに対しクリスは、

「こじつけにもほどがあるわ・・・・・・」

とげんなりした表情を見せていた。そしておもむろに立ち上がるとそのカツラをかぶってみせた。

「あ・・・・・・」

間抜けな声を上げたのはフィローネだった。

「どう? 『クリスン』とやらに似ているの?」

うっすらと笑みを浮かべるクリス。彼女がかぶっているのは黒の長髪のカツラだった。

「いえ、彼女は短髪でした・・・・・・」
「そう。ならこれは証拠でもなんでもないわね」

クリスはカツラを脱ぎ、ポンとベッドに投げ置いた。

「そろそろ仕事の時間なの。出ていっていただけるかしら?」
「クリス、あなた・・・・・・!」

戦意喪失してしまったフィローネさんの代わりにベロニカがクリスの前に立ちふさがった。

「あら、どうしたの?」
「あのブローチはこの子の大切な物なの。しらばっくれてないで、早く・・・・・・」
「そうそう。ブローチねえ。思い出したわ」

ベロニカの言葉をさえぎってクリスが言う。

「さっき、黒髪短髪の女が、どうやって城内に侵入したのかわからないけど、屈強な数人のガラの悪そうな男たちに、何かしらの品物がどっさりと入った袋を渡していたわ。私のカンではブローチはその中ね」
「・・・・・・!」
「ちなみに男たちはとっくに城を出ていったわ。今頃は馬車で近くの町に向かってるわね。あくまで私のカンだけど」
「・・・・・・っ!行くわよ!ボケナス!エリー!」
「ちょっと待て、ボケナスってのは僕のことか!?」
「待ってください~」
「証拠、証拠・・・・・・!くやしい~!」

ベロニカは執事をひきずり、その後をエリーが追う。さらにその後でフィローネはぐすぐすと泣きながら部屋を出ていった。そして最後にクリスはこう言って紅茶をすすった。

「新人さんだからね・・・・・・。甘めな指導はこれが最後よ?」

スポンサーサイト



ドレス&タキシード! 2-6 落とし物管理のプロ

更新に困ったときはドレタキというパターンが安定化してきている……。


2-6 落とし物管理のプロ 


丸メガネをかけた愛想の良さそうな女性がにこやかに話しかける。

「こんにちは。何か落とし物?」
「はい、ブローチを落としてしまって・・・・・・」

エリーが持っていたおしごと大全(第四巻)の導きによって執事、エリーそしてメイドBは四階の落とし物管理事務室にやって来ていた。

「誰がメイドBよ!」
「空気読めよ。静かにしろよ」
「何か期待されてる気がして・・・・・・」
「誰も期待なんかしてないよ」
「先輩方、静かに。」
「「うっ・・・・・・」」

新米メイドのもっともな注意に先輩二人は何も言えなかった。その様子を見て先ほどのメガネの女性がふふ、と笑う。

「どちらが先輩かわかりませんね」
「「うぅ・・・・・・」」

それだけは言葉にしてほしくなかった、と内心ごちる先輩二人であった。


***


丸メガネの管理人(フィローネさんという名前らしい)が持ち込まれた落とし物の一覧表のファイルをめくりながらブローチを探してくれている。エリーはその横からフィローネさんの手元を熱心に眺め、無能な先輩二人は仲良く指遊びをしていた。

「あ、ありましたよ。ブローチですね、百合の花を模したやつ」
「それです!よかった!」
「あ!、えーと・・・・・・ごめんなさい、勘違いです。もう持ち主がいらっしゃって返却済みですね」
「ええ!?」

面白そう、と役立たずな先輩二人は指遊びをやめて近寄ってきた。

「えーと、もしかして間違えちゃったりとか!百合のブローチなんてそんなに無いのでは?」
「確かに落とし物としてはあまり見ませんが・・・・・・」
「イニシャルで『E』って彫ってあるんです。ありませんでしたか?」
「あ、ああ!確かにありました、Eのイニシャル。ごめんなさい、間違えてしまったようね。返してもらいましょう」

そのとき、管理室の奥から年輩の男性の声が飛んできた。顔は見えないが上司だろう。なかなか渋い声だ。

「おーい、フィローネ君。そそっかしい犯人は誰だったかね?」
「えーと・・・・・・、クリスンさんです」
「それ、きっとメイドのクリス君だよ。また騙されたのかね、フィローネ君」
「え・・・・・・ええ!?」
「彼女の変装と偽名が見破れるようにならないうちはまだまだ君も一人前(プロ)とは言えないよ」
「そんなぁ・・・・・・」

何が起こっているのか皆目見当もつかないエリーたちの前でフィローネさんは意気消沈した。

「あ、あの、フィローネさん?」

エリーがこわごわ声をかけるとフィローネさんはいきなり復活した。ころころと感情が急転する人である。

「やってやるわよ!あのメイド、今日という今日は目にもの見せてやる!」

謎の決意表明をするフィローネさんの後ろで三人は話がこじれてきたことを痛感していた。

ドレス&タキシード! 2-5

続きを読む »

ドレス&タキシード! 2-4

今週も北の海の魔女は更新できないよ!ごめんネ!今回は代わりにドレス&タキシードの続きです。前回めっちや中途半端なところで終わってるやん…。
はい、今週はそんな感じです。魔女は来週更新できるといいね!



†††2-4


家臣が帰ってしまった後で姫様が執事に話しかける。姫様の持つグラスの中で氷がからんと音を立て、姫様を日光から守るパラソルが風に揺れる。

「あんた、本題に触れてないわよね」
「え?」
「え、じゃないわよ」

言われて執事は本題本題、と考え始めた。そして新人メイドエリーの顔を見るや、素っ頓狂な叫び声をあげた。

「エリーが失くしたブローチ、あんた一人で探しなさいよね」

姫様は残った紅茶をずずっと飲み干すと立ち上がり、日陰から出てまぶしそうに目を細めた。

「暑い!パラソル!」
「はいいっ!」

落ち込む間もなく執事はパラソルを引っこ抜くとお嬢様を日差しから守るために走っていった。


***


「ううう、申し訳ない。すっかり忘れてた」
「いいんですよ、こうして探してくれてすごく嬉しいです」

耳慣れない感謝の言葉に少年執事は思わず感極まってしまう。

「ど、どうして泣いてるんですか!?」
「ごめん、この城の中にはそんなこと言ってくれる人いなかったから」


・・・・・・執事と新人メイドのエリーは彼女が失くしたというブローチを探して城の中を歩き回っていた。

話は少し(前々々回)にさかのぼる。廊下で泣いていた少女エリーは実はこの城に来た新人メイドさんであった。案内メイド(たぶんアリエル・A)はふらっとどこかに消え(どうせ皮下脂肪でも増やしていたのだろう)、あてどなく城をさまよった挙げ句、両親から奉公に行く娘に渡されたブローチを失くす始末。
不運には違いないが、そもそもこの城への勤務が決まった時点で既に彼女は不運だと言えよう。

「・・・・・・まあ、がんばるしかないさ」
「はあ・・・・・・」

先輩のこの上もなく実感のこもった言葉に新人はあいまいに相づちを打つ。彼女はどうやら常識人のようなので、三日もすれば先輩と同じ死んだ目ができるようになるだろう。いや、二日か。

「ところで城に来てからどこを通ったのかな。それがわかれば探しやすいんだけど」
「わたし方向音痴なもので・・・・・・」
「まあ、仕方ないか。この城、ただでさえ無駄に複雑だからなあ。無駄に」

そのとき、メイドのBと出くわした。

「誰がBよっ!」
「まだ何も言ってないよ」
「言われた気がしたのよ。・・・・・・ところでアンタ何してんの。仕事は?」
「すっぽかしてきました」
「すっぽかしてたんですか!?」
「新人の前で何言ってんのよ、アンタはっ!」

ベロニカは(突如出現した)ハリセンで執事をぶっ飛ばした。

「ふっ・・・・・・。仕事とは・・・・・・サボるためにあるッ!!!」
「ないわよっ!」

‥‥‥ベロニカの制裁はその後、五分間続きました。


†††

ドレス&タキシード! 2-3

†††2-3

「あー・・・・・・。えーっと、どうしようかな。今のが我らがメイドのA、B、Cです。Dはいません。飛んでEが加わります」
執事はヒースの逃亡でしいん・・・・・・、とした場の雰囲気の中無理矢理進行を進める。

再び静寂に包まれかけた時、執事はゆっくりと指を上げ、
「本当の自己紹介をお願いします!!A,B,C!!」
と彼女たちを順に指さした。

そして執事にA,B,Cと指をさされたメイド達は、いきなりポーズを取った。期待に目を輝かせるその他の家臣と何が起こっているのか全く理解できていない新入りメイド、エリーが対照的な光景だった。


「誰もが一目おいてるメイドの長!アリエル・A!」
「誰が呼んだか暴言メイド!いつか返上、目指してる!ベロニカ・B!」
「誰であろうと私は味方!天使の微笑みばらまくわ!クリスん・C!」

ばーん!と三人は各々のABC文字のポーズをとって、締めくくった。

「・・・・・・はい、ありがとうございました。続きまして、」
「拾えよ!!!!!」
B文字がポーズをとったままで執事に向かって叫んだ。
「しばらくしたら考えますよ、ベロニカ・B」
「今やらないと意味がねえだろうがよ!」
そこでC文字がB文字をなだめに入った。
「まあまあ、落ち着いてベロニカ」
「クリス、あんたこそ落ち着いてないで・・・・・・、ってあんたすごいわね、その格好。ずっとそのままでいたの!?」
クリス、いや、クリスん・CはC文字担当である。
「ばかなッ」
「あの体勢を長時間維持するだと!?」
「奴は化け物か!?」
家臣たちが口々に彼女を評しても、C文字は微動だにせず、B文字の言葉に応えた。

「当然じゃない」
「・・・・・・あんたこういうの結構好きよね」
「えへへ、ありがと」
「褒めてないからね!?」

「・・・・・・はーい、というわけです。これでメイドの紹介は終わりです。他の家臣達にも自己紹介させようと思ってましたが時間の都合もありますので、これでお開きにしましょう」
「なにい!?あたし達だけにこんなことさせてお開きだあ!?てめえ、執事!時間の都合ってなんだ!言ってみろ!」
執事のやる気のない発言にB文字が抗議の声を上げた。
「え?えーっと、そうですね・・・・・・、あ!このままでは姫様のお体が冷えてしまいます。それはいけません。早く中に入らないと」
「最初のタイムラグは何だ!あと、今は夏だ!腹が冷えるか!」
「ああ、そうですね。・・・・・・熱中症になってしまいます」
「大丈夫だよ!姫様はパラソルの下でアイスティー飲んでるから!」
「いえ、私たちが熱中症に」
「てめえ、私たちに向かってよくそんなことが言えるな!」
しんどい姿勢のまま断固抵抗を続けるB文字は叫んだ。

しかし、そんなB文字の肩にぽん、と手が置かれる。
それは共に戦場を駆けたAとCであった。
「もういいのよ、もう・・・・・・」
「ベロニカ、もうやめて・・・・・・」
「メイド長、クリス・・・・・・」
B文字は感動の涙を・・・・・・流さなかった。
「なんでポーズ解いてるのよ!」
「だってしんどいじゃない♪」
と一番楽なポーズだったはずのアリエル・A。
「飽きたわ」
とドヤ顔で宣言するクリスん・C。

あーだこーだと言い争うメイド達を尻目に家臣は続々と帰っていき、後に残ったのはメイドABC+Eだけだったとさ。

†††

ドレス&タキシード! 2-1~2-2

†††2-1

「姫ええええぇぇぇぇ!お待ちおおぉぉぉ!」
今日も絶叫が廊下にこだまする。
「ほらほら、こっちよ~!」
臣下も作業の手を止め、脇に退いて嵐が通るのを待つ。

いつも通りの光景。
しかし、今日はちょっと違った。
「逃がしませんよー・・・・・・っと、姫、どうしました?」
追いかけて曲がった先の廊下で姫が立ち止まっていたのだ。
これには思わず執事も止まってしまった。
なんとなくこういう時に姫を捕まえるのはルール違反な気がするのだ。

ちなみにこの手に執事は三回は引っかかっている。

だが、今回ばかりは姫の策略ではなかった。

姫が追いついた執事を振り返ってくいくいと自分の足下を指す。
・・・・・・メイドがうずくまって泣きじゃくっていました。

†††2-2

「はーい、皆ちゅーもーく!!」
執事が手をぱんぱん、と鳴らすと、中庭に集まって好き勝手に談笑していた家臣たちはおしゃべりをやめた。
ちなみに「家臣がおしゃべりしているから姫様はここにはいないのかな?」という疑問に答えれば、それは違う。
今も執事の隣で「暑いわねえ・・・・・・」などとつぶやいてパラソルの下で涼みながら紅茶(冷えてるやつ)を飲んでいる。
まだ新入りの部類に入る執事はこの城のこの雰囲気が不思議で仕方なかった。
家来が主人の前で談笑している光景など見たことが無かったからだ。

いつもよぎる疑問を胸にしまい、執事はばらばらだが一応は並んでいる家来(ほぼ)一同を見回す。
「この子が今日から一緒にこの城で働くことになるメイドの・・・・・・なんだっけ?」
「エリーです・・・・・・。どうぞよろしくおねがいします・・・・・・」
メイド・エリーが蚊の泣くような声で言うと、家臣一同があああー、と無駄に派手なリアクションをした。
「なんでエリーなんだあ!」
「デリーだろ、そこは!」
「デリーって何よ、だっさ!」
目の前で起こる変なリアクションにエリーは
「??????」
という顔で傍らの執事を見上げた。
執事はもう一度手を叩き、場を収める。
「はい、じゃあ、メイド三人。自己紹介」
「えー、なんですか、それは。投げやりじゃあないですか?」
「うるさい、メイドB」
「B言うな!」
「こほん・・・・・・自己紹介しますわよ。よろしい?」
一番年長そうなメイドさんが横目で騒いでいたメイドを見る。メイドは「あー、後でしかられるわー」と言う顔をして黙った。
「私はメイド長のアリエルです。困ったときはいつでも言ってください」
「だったら新入りの案内くらいちゃんとしてくださいよ」
執事が聞こえない程度の音でぼそっとつぶやくと
「何か?」
「いえ・・・・・・」
という地獄耳エピソードが展開された。
ちなみにだが、アリエルは『なんでも命令していいよ~(笑)』で「一階の掃除をお願いします」とさらっと言ってきた猛者だ。容姿はなんとかマイヤーさんに似ている。

「次は私ね?ベロニカでぇーす!」
「元気いいな、B」
「Bじゃねえっつってんだろ、このハゲ!」
やっぱりメイドの皆さんはとぉっても個性が強いなあ、としみじみ思う執事だった。
「ハゲじゃねーよ!」
「いつかハゲんだろーがよ!」
「まだハゲてねーよ!」
「まあまあ、ベロニカ。落ち着いて」
仲裁に入ったのはメイドC。
「ハゲとか言っちゃダメよ。そんなこと言ったら」
そこでメイドCは一度深呼吸して一気にまくし立てた。
「昨日寝癖のチェックをしていたら後頭部に割と大きな十円ハゲを見つけてしまって『あれ?これって大丈夫かな。ま、でも、いつも兜かぶってるからバレないよね?』って感じの表情で固まっていた護衛隊副隊長のヒー●さんが傷つくじゃないの」

空気が凍り付いた。

家臣全員の視線が副隊長●ースさんに集中する。
「ヒ●スさんが・・・・・・マジかよ・・・・・・」
「あの体型で更にハゲたか・・・・・・ハゲちゃったか・・・・・・」
「ねえ、●って何か意味あった?ねえ?」
「うおおおおおぉぉぉぉぉぉーーーーー!!!」
ついにヒースさ●は逃げ出した。
「あらあ、どうしたのかしらねえ?ヒースさんは」
「クリス・・・・・・あんた・・・・・・」
メイドCことクリスは口元に無垢な笑みを浮かべたままヒースの後ろ姿をずーっと見ていた。

†††


キャラが濃い……。

ドレス&タキシード1

新しいやつでーす!
でも一話完結でテキトーに書くのでそこんとこヨロシク!



†††

ここはとある国のお城の中。数ある廊下のうちの一つ。
今、そこに聞こえるは二つの大きな足音。

「姫様ー!今度という今度は許しませんよー!」
「ほーほほほほ!なんのことかしらー?」
先を走るのはドレスを着た姫。後に続くのはタキシードの執事。
この二つの足音を聞いて廊下で仕事をしていた家来たちは手早くそこから撤退していく。
姫が袋小路に入る。お城では廊下にそんな所さえあったりする。執事はそれを見てにやりと笑う。
「姫様!さあ、観念・・・・・・して、下さい・・・・・・」
しかし、そこにはいるはずの姫はいなかった。
「あー!またやられたー!」
・・・・・・そう、お城には隠し通路というものもあるのだ。

†††

「ふふふ、まだまだね」
姫の部屋に戻ってきた執事は優雅に紅茶を飲んでいる姫をげんなりした顔で見つめた。
姫様だ。
「ひどいですよ、アレは」
「まあまあ。約束は約束よ。捕まらなかったわ」
「はあ、そうですね。その通りです。今日も姫様の勝ちです」
やった、と姫は嬉しそうに叫んだ。

この姫と執事はある約束をしている。
それは、
『一日に一回だけ姫がイタズラをする。執事がそれをやめさせるにはイタズラの後で逃げる姫を追いかけて捕まえなければならない』
というもの。
さて、そんなこんなで今日は四十七日目。

今日は執事の背に『私の命令として仕事をさせてもいいわよ』と書いた紙を貼ったのだ。

家来たちも心得たもので顔色一つ変えずにしめたもの、と自分の仕事を執事にさせた。
結果、執事は背中の紙に気づいてそれを床に叩きつけるまで休憩なしで働き通しだった。

「ホントにひどいですよ、もう・・・・・・」
なおもぼやく執事に姫は笑って謝る。
「わかったわかった、ごめんごめん。明日の昼食はあんたの好きなものでいいから」
「・・・・・・本当ですか?」
「本当」
「じゃ、じゃあ、ステーキが食べたいです!」
「そうしましょう」

これで仲直り。今日も元通り。そして明日もまた同じこと。繰り返し、繰り返す。いつまでも続く追いかけっこ、いつまで続くか追いかけっこ。

†††