FC2ブログ


読み切り?

日本ブログ村でトーナメント(短編の)やってたんで、応募しようと思って書きました。ちなみに『夢幻』の白田薫の少年時代の話です。もちろん『夢幻』読んでなくても問題無く読めます。是非読んでやってください。駄文失礼しました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

†††

少年がいつもの公園へ行くと、あの子が砂場で声を上げて泣いていた。
「どうしたんだよ」
少年がスコップなんかのおもちゃを一杯にいれていたバケツを傍に置く。
「あ、あの子たち、あの子たちが、あ、あたしの髪留めを壊したの~!!」
少年は言葉を失った。見るとたしかにいつもつけている小さな髪留めをしていない。見回すと少年はすぐそばに何度も曲げられてちぎられた金属性の何かを見つけた。あの髪留めだった。
「お母さんが、せっかくくれたものだったのに~!!」
言い切るとうわーん、と少女はもう一度大泣きに泣いた。
少年は少女の背中をなでて泣かせてやった。

†††

「おい、おまえら」
翌日、少年は三人組の所へ行った。少女の髪留めを壊したやつらだ。あの後で少女に聞いたので間違いない。
「何の用だよ」
「よくも髪留めを壊したな」
少年は言いながら三人に詰め寄る。三人も少年の方に集まってきた。
「お前、女の子の味方していい気になんなよ!」
「あいつはなー、いじめてもいいやつなんだぜ」
「そーだ、そーだ!」
「ママがなあ、あの子のママはおみずの子なのよって言ってたんだ。だからいじめてもいーんだ!」
「ああ・・・・・・?」
少年は奥歯を噛みしめた。腹立たしさのあまり、歯を折ってしまいそうだった。
「お水の子だからいじめてもいいだと・・・・・・?寝ボケんのも大概にしやがれ」
「なんだと!やんのか!」
「見てわかるだろうが!ケンカふっかけてんだよ!」
三人の全身に力がこもる。すぐにも少年にパンチが飛んでくるだろう。
「てめえらの母ちゃんに言っとけ。お水とか言う前にあの人の十分の一でも立派な人間になれってなあ!」

†††

「あら、久しぶり!元気だった・・・・・・ってなによあんたその顔」
「こんばんわ」
少年は三人をぼっこぼこにしたその帰りにたまたま問題のお母さんに出会った。「お水の母ちゃん」である。
少年は腫れた顔をさすりながら気にしないでください、と言った。
「今日は早いですね」
「うん。早く抜けて来ちゃった」
少女の母ちゃん、ミキさんはいひひ、とちょっと悪い笑い方をした。
厚化粧は落としていない。いつも通りだ。ミキさんは少しでも早く少女が一人で待つ家に帰るため、いつも化粧を落とさずに帰ってくる。
「何かあったんですか?」
そう聞いたのは少女のことが気になっていたからだ。あの子は今日もふさぎこみがちだった。
お母さん、ミキさんからもらった数少ないプレゼントが壊されたとあっては当然かもしれないが。
「知ってる?あの子髪留めなくしちゃったみたいなのよ」
多分、あの子は髪留めのことは一切ミキさんに言っていないだろう。忙しい大好きなお母さんに心配かけるような真似はあの子は絶対にしない。でもミキさんにはお見通しだったのだ。しかし一日で見抜くとは、さすがミキさん。
「それでね、落ち込んでるのよ。すごく。それがもう、かわいくって、かわいそうで」
「どっちなんですか」
「どっちもに決まってるじゃない」
ミキさんは少年の目の前で体をくねらせ始めた。
「あたしのあげたプレゼントをなくして悲しむ我が子が愛おしくて愛おしくて・・・・・・食べちゃいたいくらいよ」
「食べないでくださいね」
少年は一応釘を刺す。ありえないとは思うが彼女ならやりかねない。
「ふふふ・・・・・・。ねえ、そのケガ、どうしたの?」
「・・・・・・!何でもないですよ」
不意打ちだったので少し動揺してしまった。
しかしミキさんにはそれで十分だったようだ。
「ありがとうね」
と言って頭をなでられる。表情は見えない。なでる手がけっこう強くて目を開けていられない。
「あの子、明日にはきっと元気になるわよ」
なでるのをやめてミキさんが一歩下がって言う。
「え?」
少年はうふふ、と含みのある笑みを浮かべたミキさんをぽかんとした表情で見ているだけだった。

†††

「おはよー・・・・・・、うわ!」
翌日、ミキさんの言葉に半信半疑になりつつも教室に入ってあの子に挨拶すると、予想外に勢いよく振り返ってきたので少年はびっくりした。
「お、おはよう!!見てコレ!!」
元気一杯やな、と少年が少女の指さす先を見る。そこには前の物よりも一層輝く髪留めがあった。
「昨日、お母さんがくれたの!!いつもお留守番してるからって、ご褒美だって」
満面の笑みで少女は少年に報告する。
少年は理解した。昨日、ミキさんが早く帰ってきたのは落ち込んでいた少女に新しいプレゼントを買うためだったんだと。いつもの時間では店は皆閉まってしまう。
「よかったな。やっぱりミキさんは最高のママだな」
「うん!!」
少女は髪留めの何十倍も、何百倍も輝く笑顔で少年を照らす。
こりゃ、ミキさんの気持ちがわかるわ、と少年は思った。

†††
スポンサーサイト



北の海の魔女 33.0

†††33.0

若い男はしばらくは少年を殴ったりしていたぶっていたが、少年があまりに無反応なので、
「何か言えっ、おらっ!」
「おいっ、こらっ!」
「ちっ、つまんねえの」
と三段変化の末におとなしくなった。
少年はいつでも逃げられるように縄を切ったりしておきたかったが、生憎と、ナイフはすでに取り上げられていたし、そう都合よく役立ちそうな物は落ちていなかった。
都へと向かった男のことを考えようかとも思ったのだが、知らない情報が多すぎてどうにもならなかった。あっちはあっちで上手くやるよう祈るしかない。
そういうわけで他にやることもなかったのでリーダー達の会話に聞き耳を立てていたのだが、若い男が見張っている目の前で下手に位置を変えるわけにもいかず、ろくに何も聞こえなかった。
結局、少年は眠りに落ちてしまった。

†††

北の海の魔女 32.0

†††32.0

しばらくして少年は洞窟の中へと連れ込まれた。アジトだろうか、そうでないといいけど、と思った。
奥へと進んでいくとそうではないことがわかった。生活の跡が見られなかったからだ。少年はまたほっとした。アジトだったら殺されると決まったようなものだからだ。

「そいつを転がしとけ」
リーダーが腰掛けながら洞窟の更に奥を指さす。さっきの若い男に指示したようだ。
「おら、付いてこい」
若い男は少年の体にくくられた縄を乱暴に引っ張った。

「座れ」
言われたとおり少年は座った。
すると若い男が横から思い切り少年の横っ面を蹴った。
「へへ、転がしとけって言われたもんだからな」
そう言って笑ったのだった。

†††

女神テミスの天秤9.0

†††
「・・・・・・いいよ。わかった、友達になろう」
渡は心なしかちょっと暗めの声で言った。
「本当?」
静は弾んだ声を出す。こいつのこんな声を聞くのも初めてだな、と渡は思う。
「ああ」
静はにこにこと耳元で笑う。暗いし、そもそも背負ってるので顔も見えないのだが、気配で静が本当に楽しそうにしているのがわかって、渡は辛くなった。

「なあ、実はバイト先でさ、友達ができたんだよ」
いきなり渡は話し出す。静は不思議そうな顔をした。
「へえ、ひょっとして矢部君?」
そんなはずはない、とは思いながらも少し期待している声。
「残念。クチナシって奴」
「なあんだ」
静はわざとらしく残念がって体を反らす。同時に静を背負っている渡は体勢が苦しくなる。
「やめろって・・・・・・。でな、そいつそのときは気づかなかったんだけど同じアパートに住んでるんだよ」
「え、本当に?」
「ああ。ホントに。今度ポスト見てみろよ」
びっくりだろ、と渡が笑う。
「だからさ」
静が持つ懐中電灯のぷらぷらした明かりが照らす地面を見つめ、歩きながら渡は言う。
「・・・・・・何かあったらあいつにも頼るといいよ」

†††

二時間後、渡と静は無事に山を抜け人里へ・・・・・・、まあ、自分達の住む街へ戻ることができた。街が見えたあたりで静が歩いてみる、と言い出したが、結局渡が背負ったままアパートまで帰ってきた。
帰宅したとき二人はもう疲れ果ててそれぞれの寝床へと倒れ込んだ。夕食は何も食べなかった。

午前二時頃に一度渡の目は覚めた。そうしてそのまましばらくの間じっとカーテンで静の側と仕切られた狭い天井を見つめていた。

†††

翌日。
渡が起きたのが遅かったというわけでは決してない。ただ、その日に限って静の起きる時間、出ていく時間が早かったのだ。
静のテンションはなぜだか妙に上がっていた。
「おはよう!」
「どうして起こさなかったんだ?」
朝食は俺の担当だろ、と寝起きの声で渡が言うと、
「いいじゃないの」
というなんとも適当な答えが返ってきた。
「あんたの分もあるわよ」
「・・・・・・今日は雨だな」
なんとでも言うがいいわ、と叫ぶ静の声は普段よりちょっと楽しそうだった。

†††

「見送りなんて珍しいわね」
「いきなり朝飯を作ったお前に言われたくない」
ちぇっ、と静は一瞬顔をゆがめたが、すぐに元に戻して
「行ってきます」
と言った。
「気をつけてな」
がちゃり、と閉まるドアに静の姿が遮られるまで渡は静を見ていた。目に焼き付けるように。

†††

今日の静は本当に上機嫌だった。普段なら全部睡眠学習している講義もなんと、半分しか寝ずにすんだ。すれちがう掃除のおっちゃんとも会釈をしたし、何と言ってもきわめつきは、
「ねえ、ご飯一緒にどう?」
「ん?いいよ」

偶然出会った矢部に声をかけたことである。

†††

「あのゼミ難しくない?」
「そう?僕は楽しいけど」
矢部がスプーンでカレーを口に運びながら言う。
「楽しいっていうか、面白いとは思うんだけど」
静は味噌汁をすする。
「・・・・・・混んできたね。ややこしい?」
矢部はイスに置いていた鞄を足下に下ろした。
「うーん、そうね。ちょっと難しいわ」
「どのあたりが?」
静は矢部の目をちら、と見た。少年のようなきらっきらした瞳だった。
静はその目にどきり、としつつも答える。
「未来は決まっている、とかなんとか」
「最初の部分じゃん・・・・・・」
矢部がはは、と笑う。
「笑わないでよ」
「ごめんごめん。じゃ、バタフライエフェクトって覚えてる?」

†††

「ただいまー」
がちゃり、とドアが開く。出迎えはない。
「ただいまー」
静はしつこくただいま、を繰り返した。この喜びをあんたにもわかってほしいのよ、という感じだ。あふれるような幸せオーラである。
静はキッチンをのぞく、程の広さも奥行きもないのだが、まあ見た。
しかし、渡はいなかった。いつもならこの時間だと夕食を作っているのに。
リビングか、と静はドアを開ける。
「ただいま!」
と渡に元気よく言う。しかし、渡は青ざめた表情で静の顔を眺めているだけだ。手になにやら紙を持っているようだ。
「どうしたのよ?」
静が鞄をベッドに置き、腰掛けながら尋ねると、


「・・・・・・あんた、誰だ?」
渡は一言、静に向かってそう言ったのである。

†††

北の海の魔女31.0

†††31.0

男は少し考える素振りを見せた後、了解した。
男は二人の部下と街へと向かい、少年は残りの五人と移動することになった。両手を縛られ、体を馬の一頭にくくりつけられた。歩くことはできるがとても逃げられないだろう。当然縄は抜けられないほどきつかった。
「どこに行くんだ?」
「うるさい、黙ってろ」
少年の隣を馬で進む若い男が少年を黙らせる。
こいつ気が立ってるな、と少年は思った。

†††

さまよう羊のように6.0

大使館に向かうための準備が始まった。
まずココは大使館に連絡することにした。ナッツが何も言わなかったので連絡しなかったがよく考えると妙な話だ。一番頼りになりそうなところに連絡せずに自分達だけで計画を立てていたのだから。

大使館に電話をしてココ達は驚くことになる。

何回目かのコールでつながった。
<はい、こちら***大使館です>
<もしもし、私は○○○という者です>
ココは本名で○○○と名乗った。
「○○○さん?」
電話の相手は急にイントネーションを戻した。まあ、同じ国の者だとわかったので当然かと思っていると、
「△△△さんはご存じですか?」
ココはぎょっとした。△△△というのはナッツの本名だ。
「なぜ△△△の名前が・・・・・・?」
「彼は先日こちらに連絡をしてきました。その際にあらかたの事情は把握しています」
「え・・・・・・?」
ココは軽いパニックに陥った。理解の範疇を越えている。
「今から説明しますね」
どうやらナッツはココが助けを求めるとすぐに大使館に連絡したらしい。その時に警察に捕まりそうになったという話もしたそうだ。
  「警察の中にもマフィアの手先がいると?」
  「あいつの話ではそうみたいです。女の子を捕まえようとしたとか」
大使館も警察に連絡することはなかった。どの程度警察にマフィアの毒が回っているのかわからなかったからだ。つまり、警察全体がグル、という可能性が捨てきれなかったということだ。
「そこで△△△さんと私たちは協力することにしたんです」
ナッツは大使館に一緒に協力して警察の闇とマフィアを丸ごと掘り出そう、と持ちかけたらしい。
「驚きましたよ。現実にそんなこと言う人がいるなんてね。こちらのスタッフも最初はまあ、その真に受けていなかった、のですが・・・・・・説得されちゃいました」
「・・・・・・さすがあいつですね」
「何者ですか、彼は?」
「一般人ですよ。ただのね。・・・・・・今、あいつはマフィアのところです」
「え?」
「捕まったんです。貫通線の駅で・・・・・・」
「ちょっと待ってください」
電話の向こうでスタッフが集まる気配がした。
「・・・・・・はい、今スピーカーにしました。何があったんですか?」
「貫通線に乗って彼の家に逃げ込もうとしていたのですが、乗り込む前に彼が発砲したんです」
「彼が・・・・・・ですか?」
「はい。私たちも目を疑いました」
「原因は?」
「推測・・・・・・ですが、変装がばれたんだと思います」
「ふむ・・・・・・。まあ、考えても仕方ないでしょうね」
今までとは違うスタッフの声だ。低くて、ぶっちゃけ偉そうな声だ。
「きっと彼ならなんとかすると思っていたのですが、仕方ありませんね」
これを聞いてココは少し腹が立った。
「・・・・・・それで、これからどうしますか?」
声にトゲが立ってしまった。
「そうですね・・・・・・。こちらに来ることは可能ですか?」
「どうすれば行けますか?」
「地図を用意してください」
ココはイプに地図を持ってくるように指示した。

†††

ココは電話を切った。
<どうなったの?>
シャーミラガいてもたってもいられない、という声でココに尋ねた。
ココは地図を指でなぞりつつ、
<このルートで大使館まで行く>
と返事した。
<マフィアは?大丈夫なのか?>
イプが心配そうな声を出す。
<そうだ・・・・・・。イプも一緒に行ってもらうよ>
イプは目を見開いたが、すぐに納得した顔をした。ナッツが捕まったのだ。ナッツがここを吐かないとも限らない。
<・・・・・・わかった>
イプはあえて確認したりはしなかった。
ココは横目でシャーミラを見つつ、先ほどのイプの問いに答える。
<マフィアは心配ないそうだ。見張りが少ないルートなんだってさ>
そう聞いてイプもシャーミラも考え込む様子を見せたが最後には、仕方ないか、といった風にココに賛同した。
ただフォンはじっとココを見つめていた。

†††

『貫通線』とはまた別の線の駅にココ、フォン、シャーミとテト、イプが到着した。マフィアの目をかいくぐってこの駅まで来たことは言うまでもない。
<ふう、なんとかここまでは来れたか>
そう言ったのはココだ。貫通線と比べて人があまりいない駅だった。だからといって貫通線の時よりも楽に乗り込めるわけではない。見張りの数は少ないが乗客の人数も少ないので見張りの目に必ずさらされるだろう。
今回はシャーミラ、イプ、フォン、テトが『親子』、ココが緊急事態に対応する役になった。前回ばれたのはきっとココが外国人だから目立ったためだとココが自らその役を買って出たのだ。最優先はフォンなのだ。
シャーミラ、とテト、が一人で駅の中に切符を買いに行く。イプとフォンは日なたで、ココは物陰でそれを待つ。シャーミラは『夫』と『娘』に切符を笑顔で渡し、残り一枚をひらりと地面に落とした。そのまま駅の中に入っていく。
後からそれをココが拾う手はずになっていた。
ココは地面に落ちた切符に張り付かせていた視線を引き剥がし、歩き出した。

†††

「ココは?」
一番最初に口を開いたのはシャーミラだった。客車に無事に乗り込んでからしばらく経ってもココが現れない。
そんなシャーミラと同じくフォンも目を不安げに揺らす。今までずっと一緒にいてくれた人がいないのだ。当然だろう。
イプはそんな二人とは違った。はっと何かに気づいたようにポケットに手を突っ込み、紙を取り出した。
駅に入る前にココがイプに渡したものだ。
幾重にも折り畳まれた中に書かれていたのは一言。

<フォンを頼んだぞ>

†††

北の海の魔女 30.0

†††30.0

男の言葉を聞いてリーダーはじっと考え込みました。
しばらくして彼は
「わかった。信じよう」
と言いました。
少年と男はとりあえず命だけは助かったと、ほっとしました。

「小僧が言っていたようにその男を王都まで連れていってやろう。ただし」
リーダーの目がぎらっと光る。本題はここから、というわけか。

「見返りとして百万ギーレン。それと小僧は置いて行け。金と引き替えに返してやろう」

*1ギーレン≒1円

†††

あらすじ作ったぜー

やーあ、どーもども!

おしらせでーす!

あらすじを作りました。
カテゴリの「サイト案内」から飛べます。
ただし完全なるネタバレなのでまあ、それでもかまわないよって人だけ見てください。

「あらすじ」には投稿した分までのあらすじが書いてあります。
先のことは書いてないです。

あと、しばらくしたら「初めての方は」から飛べるようにしたいです。

じゃーねー!

北の海の魔女 29.0

†††29.0

その言葉にリーダーが油断なく目を光らせる。男が次に何を言うか注意深く聞いているのだ。半端なことを言えば殺されるかもしれない。

「西の国を知っているな?」
男は切り出す。口調は淡々と、早くもなく、遅くもない。
リーダーは黙っている。男はリーダーの目を見据えて言う。
「西の国の南西の町ランフェン、その郊外に不穏な気配あり、だ」
部下たちがざわつく。声の具合からすると話を信じたようだ。
しかし、リーダーは細い目をさらに細くした。
「・・・・・・不穏な気配?なんだそれは」
鋭い刃物のようなリーダーの視線が男を、そして少年をえぐる。
男は視線を正面から受け止めて斬り返す。

「・・・・・・軍隊が結成されつつある」

†††

北の海の魔女28.0

†††28.0

「ほぉう」
リーダーの目が意地悪くほんの少し細くなる。見ているものが気づかない程度にほんの少し。

王様に聞かせる程の極秘事項を、言えない、と断ったのはいい。しかし直後にたかが従者の子供の命がかかった程度のことで弱みを見せるのはおよそ臣下の行為ではない。
そのことをリーダーもわかっている。
だから、このままでは男は『臣下』ではなくなる。
二人とも殺されてしまう。

「・・・・・・その子が極秘事項を知っているんだ。殺されては困る」
男が言った。この道があったか、と少年は少しほっとした。
「どんな?」
しかし、リーダーがなおも問いかける。
「言えない」
「言わないと殺す」
「言えないと言っている」
男はなおもしぶった
「今、言わなければ王様に拝謁賜ることなくここで死ぬぜ?」
男がうっとつまる。
今だ、と少年は思った。
「旦那様・・・・・・」
『旦那様』が『従者』を見やった。

「わかった。少しならいいだろう」

†††