FC2ブログ


女神テミスの天秤 11-1,11-2

†††11-1

静の部屋から飛び出した俺の目の前には一人の男が立っていた。
「・・・・・・?」
おそらくは同じアパートの住民が自分の部屋に帰ろうとしていたらその途中で俺が部屋から飛び出してきた。
そして思わず俺と目を合わせてしまった・・・・・・そんなところか。

「お前・・・・・・時瀬、か?」
どうやらそれだけじゃなかったようだ。

†††11-2

俺を知っていた男の部屋に入った。
散らかっている、というのが最初の感想。
次に臭いが気になり、最後にテーブルに散らばった紙と鉛筆が目に留まった。

「覚えてないか?クチナシだよ」
クチナシ、と名乗った男が自分を指さしそう言った。ベッドに腰掛けて床に座った俺に問いかける。
「ああ・・・・・・」
俺は曖昧な返事をしながら、記憶をなくす前の俺が書いた手紙のことを思い出していた。確か俺にはクチナシとかいう友人がいるんだったか。
こいつのことなのだろう。
「すまない。俺最近のこと全部忘れちまったんだ」
ちょっと迷ったが俺は記憶喪失のことを打ち明けることにした。
「忘れたって・・・・・・記憶喪失ってことか?」
「そういうことだな」
「・・・・・・なるほどな。今日バイトがあったてのも覚えてないか?」
「バイト?何のことだ?」
「・・・・・・バイトをしてたことも覚えてないのか?」
「記憶にないな」
ふあー、っと息を吐き出すとクチナシはベッドに倒れ込んだ。
「なあ、お前、さっきの家に住んでるのか?」
渡はややヤケになっていたこともあって正直に答えた。
「わからない。今まで住んでたんだろうとは思う。でもあそこに住んでるやつのことも全部忘れちまった」
「それでケンカに・・・・・・?」
クチナシがそっと、触れていい部分を探るように、尋ねる。

渡は無言でうなずいた。

そんな渡を見てクチナシが景気をよくするためか、いささか大きすぎる声で宣言する。
「なるほどな・・・・・・。まあ、なんなら俺のところに好きなだけいていいよ」
「ありがとう。・・・・・・恩に着る」
クチナシの見た目のごつさに反した柔らかな対応を渡は素直に嬉しく思った。

「よろしく、お願いします」
渡はおずおずとクチナシに手を差し出した。
「こちらこそよろしく」
その不安定な手をクチナシはがっちりと握りしめた。

†††

詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで2-15

†††2-15

「魔術について何を知っていますか?」
「・・・・・・何も。ただ、瞬間移動したり、異性を幻惑させる魔術があることは知ってる」
「何ですか、その極端な知識は・・・・・・。まあ、それであなたがどうやって昨日の今日でここまで来れたのかはわかりました。瞬間移動ですね」
「そうだ」
「その瞬間移動の魔術師はミリア・ワッフルワインですか?」
「ミリアを知ってるのか?つーか、あいつの名字ってワッフルワインだったのか・・・・・・」
ワッフルワイン・・・・・・。なんかぴったりな感じもするがかなりへんてこな名前だな。
「やはりワッフルワインですか・・・・・・。瞬間移動と異性幻惑と聞けば彼女しか思い当たりません」
「瞬間移動はともかく異性幻惑でも有名なんだ・・・・・・」
「彼女の美貌とあの魔法の組み合わせは完璧ですからね。あなたも引っかかった口ですか?」
「引っかかったけど魔術にかかってはいないよ」
「なんですか、それは・・・・・・」
「ところであの魔術がかからないことってあるのか?」
「どんどん話が脱線していきますね・・・・・・。ありますよ。相手に想い人がいるときです。・・・・・・いるんですか、あなたにも?」
レインは少し意地悪そうな顔をして言う。男友達が彼女いるのかよ~、と聞くときのノリにちょっと似ている。
「・・・・・・ああ。いるよ」
ちょっと口調が苦々しくなった。
「そうですか。では・・・・・・」
そのとき、俺の隣の空間に穴があいた。何のことかは察しがつくだろう。
奴が来る!

†††

北の海の魔女 64.0

†††64.0

「え・・・・・・?今回が初陣?初めてなの?」
「そうだよ。どうかしたの?」
少年はホルトゥンのきょとんとした顔をまじまじと見つめました。
「・・・・・・じゃあ、大臣たちが魔法を評価してたのは?」
「演習に参加したことがあるんだよ。そのときの話さ」
少年の顔はちょっと青ざめました。
「大丈夫かい?顔色が悪いけど・・・・・・」
「う、うん。いや、てっきり何度か戦にでたことがあるんだと思ってたから」
少年の言葉にホルトゥンがにこりと笑みを浮かべます。
「ああ、そういうことか。僕が戦に慣れている、とか経験豊富とか思ってたんだろ?それで、僕が君の指示を多少は補助するだろう、とも。残念でした」
ホルトゥンは少年におどけた顔で舌を出してみせた。
「僕は君の指示を助けたりはしない。たとえ思いついたとしてもね。今回の戦で君は君の実力を陛下に示さなければならない。なのに僕がしゃしゃり出て君の作戦に口出しするのはおかしいだろう?」
人によってはおかしくない話だとは思う。なにせ少年の指示には人の命がかかるのだ。
とはいえ、宮廷魔法使いの言に一理あるのもまた確かだった。
少年は深くため息をついた。
「わかった。がんばって君の『幻影』を最大限に使えるような作戦を考えるよ」
「頼りにしてるよ」
まだにやにやと笑みを浮かべているホルトゥンの顔が少年にはちょっと憎たらしく思えた。

†††

詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで 2-14

†††2-14

「お前誰?」
俺が目の前の天使を指さしてそう言うと、
「私の名前のことですか?」
天使はそう聞き返した。
「そう」
きょとんと目を丸くした白い髪の少女の問いかけに俺はうなずいた。
「こほん。・・・・・・私はレイン・フィーラ・エストラルト・ジャベリン・イーラ・・・・・・・」
「ごめん。長くて覚えられない」
「私もです。途中から間違ってます」
「お前は覚えとけよ!」
「レイン・エストラルト。これは合ってたと思います。この国の大魔術師です」
「合ってたのそれだけなんだ・・・・・・」
「・・・・・・この国の大魔術師です」
「・・・・・・そこスルーしたの怒ってる?」
「少々。で、あなたは?」
「俺は坂井翔太だ」
「サッキー・ジョンですね。わかりました」
「なんで『サッキー・ジョン』を知ってるんだ!?」
「ジョンさんにはまず属性の適性検査を受けてもらいます」
「・・・・・・人の名前を間違って覚えてんじゃねーよ」
「いいですね、サッキーさん?」
「・・・・・・。・・・・・・。・・・・・・はあ。もうジョンでいいかな・・・・・・」
「・・・・・・坂井翔太さん?」
「やっぱわざとか!?わざとなのか!?」
「属性・・・・・・、わかってます?」
「・・・・・・属性?」
名前の下りに夢中で気づかなかったが俺は属性の検査を受けるようだ。
「ままま。検査の前に軽く属性とか魔術についてレクチャーしておきましょうか」

†††
今日のおまけコーナー!

<ミリアー、その魚ちょーだーい!>
「しょうがないわねえ、キティは」
<ふぐふぐ・・・・・・。ありがとうミリア!そしてお魚さん!>
「えらいわねえ、キティ」
<ミリア、なんか忘れてない?>
「え?・・・・・・ああ!」
<思い出した?>
「本部から出るときに受付に置いてあるお菓子をもらうのを忘れてたわ」
<なんだってェ!そいつは聞き捨てならねェなァ!>
 
†††

北の海の魔女 63.0

†††63.0

「僕の『幻影』で攻撃したときの反応に個人差がありすぎるんだよ。ある兵士は本当に攻撃されたと思いこんでしまってショックに陥ったり、また別の奴は違和感に気づいて看破しちゃったり」
「違和感?そんなものがあるの?」
とうとう少年は食材とナイフを簡易テーブルの上に置いて焚き火を挟んでホルトゥンの正面に座り込みました。
「あるさ。極端な場合だけど・・・・・・壁を作ったとしようか。兵士たちの前に遮るような壁を」
ふんふん、と少年がうなずくのを確認してホルトゥンは続けます。
「で、兵士たちがその壁に体当たりしてしまったとする。その時、兵士たちはほぼ確実に壁を通り抜けてしまう」
「なるほど」
「僕が作れるのは壁の幻影であって、実体じゃない。だから体当たりの衝撃を殺すことはできないんだ」
うーむ、と少年が難しい顔をする。
「ややこしいなあ・・・・・・」
「ははは、よく言われるよ。わかりにくい上に使い勝手が悪いって。うまく使えば良い魔法だと思うんだけどなあ」
ホルトゥンはおそらく国の大臣連中のことを言っているのだろう。ホルトゥンの『幻影』をないがしろにするような発言をした連中のことである。
「やっぱりわかりにくいよ。いつもどんな風に使ってるの?」
「いつも?」
「戦争の時はいつもどんな風に?」
ああ、とホルトゥンは苦笑いしつつ頭を掻き、言い放った。

「僕、今回が初陣だよ!」

†††

詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで 2-13

†††2-13

場所:城の中、かなり深いところ
時刻:お昼時
状況:たくさんの兵士に囲まれてローブで白づくめの天使みたいな女の子に棒でつつかれてる

「なにこの状況!?」
「・・・・・・静かにして下さいよ」
突然叫びだした俺に白い天使が口をとがらせる。ついでに棒もぽいっと捨てる。要らないのかよ、それ。
「いやー、いきなりこんなマネしてすみません」
「・・・・・・とりあえずはこの状況を説明してくれ」
「そうですね・・・・・・。まあ、ちょっと聞いて下さい」
「・・・・・・わかったよ」
「ありがとうございます。実はですね、魔物が圧倒的に強いので勇者でも呼ぼうと王様がおっしゃられまして。そんなわけで、一昨日、我々は召喚魔法を行ったのですよ。異世界的なところからなんか出てこいー的な」
「なんかってなんだよ。適当だな」
「魔術なんてそんなもんです。・・・・・・まあ、効果は見られず失敗に終わりました」
「・・・・・・適当だからでは?」
「かもしれません。で、ダメだったかー、ははは、と笑っていたのですが」
「笑うなよ。反省して改善点を見いだせ。次に活かせ」
「手厳しいですね。じゃあ、今日は次のアイデアでも考えに市場をぶらつきに行ったことにしましょうか」
「・・・・・・本当は何しに市場へ?」
「食べ歩きです。そうして市場をぶらついてるとあなたに出会ったというわけです」
「俺が召喚された勇者だとでも?」
「そうです。っていうか、そうだったら私の手柄なので、そういうことにしておきました」
「過去形!?妙なところ仕事速くない!?」
「まあまあ」
白い髪の少女はひらひらと俺をなだめるように手を振る。
「・・・・・・ところでさあ」
「はい?」
「お前誰?」
俺は天使を指さしてそう言った。

†††

北の海の魔女 62.0

†††62.0

「で、『幻影』って?」
「ああ、そうだったね」
ホルトゥンは長い木の棒で火をいじりながら少年の問いに応えました。
「『幻影』は認識をいじる魔法なんだよ」
「認識?」
そう、と応えつつホルトゥンはすこしずつ燃えだしてきた火に扇で風を送りました。
「僕の魔法、『幻影』はあまり離れていないところにいる人の認識を狂わせるんだ。まあ、五感だね。視覚、聴覚、嗅覚、触覚、試したことはないけど多分味覚も」
「実体を出したりはしないの?」
「?どういうことだい?僕は何も出さないよ。煙とかを人の形にしてとかも無い。現実には何も変わらないけどただ認識だけが狂うんだ」
少年は近くの川から汲んでおいた水や持ってきていた食材を簡易のテーブルの上で調理し始めました。
その調理の合間にも質問を重ねます。
「味方には効かないようにできる?」
「そいつは難しいね。なんせ範囲内にいる人間には必ず作用するから。僕にさえ効くんだ」
「え?」
少年はホルトゥンの言葉に思わずナイフの手を止めました。
「それって大丈夫なの?自分で自分にだまされたりとか・・・・・・」
「ああ、それは大丈夫さ。僕には現実も平行して『視えてる』からね。僕自身が『幻影』かどうかわからなくなることはないよ」
ホルトゥンは勢いづいてきた焚き火に二、三本薪をくべてながら言いました。
「そうか。でも味方にも『視せて』しまうのか・・・・・・。あ、そうだ。もし『幻影』の兵士の槍で敵の兵士を突いたらどうなるの?怪我もするの?」
少年は食材片手に、まだナイフの手を止めたまま質問しました。
「怪我か・・・・・・。『幻影』で怪我を演出すれば本人は『怪我を負った』と認識することはする。ただ実際に、現実的な意味での怪我はしない。そうだな、僕の『幻影』で攻撃はあまりしない方がいい」
「どういうこと?」
ホルトゥンのその言葉に少年は眉をひそめました。

†††

ドレタキ更新!!

ハロー、えぶりばでぃ!
皆元気してたかぁ~い、いぇ~い!
俺はもう死にそうだぜ、いぇ~い!

仕事が、仕事があぁ~!
でも!俺は負けない!がんばる!

というわけでとりあえず「ドレタキ(個人的略称)」のうpを。
メイドBさんが扱いやすいですね~。
いやあ、あの子ええ子やわ。
執事クンの立ち位置はちょっと微妙に不安定。キャラ変わってっちゃうかも。

あとですねー、もうちょっとしたら
「テミス(個人的略称)」のうpも達成できそうです。

まー、「誰も見てない」がコンセプトなので僕もテキトーにやってるから、この予報もあてになんないですけどねー。

あ、今思いつきましたけど、
「この話のこんな展開が見たい!」っていう要望、あります?
あったら、コメントしてください。
できれば、叶えます。
できない場合もありますが、そこは割り切ってください。

・・・・・・ネタが尽きた、訳ではない・・・・・・ですよ。
・・・・・・違いますよ?

・・・・・・じゃ、じゃーねー!

ドレス&タキシード! 2-3

†††2-3

「あー・・・・・・。えーっと、どうしようかな。今のが我らがメイドのA、B、Cです。Dはいません。飛んでEが加わります」
執事はヒースの逃亡でしいん・・・・・・、とした場の雰囲気の中無理矢理進行を進める。

再び静寂に包まれかけた時、執事はゆっくりと指を上げ、
「本当の自己紹介をお願いします!!A,B,C!!」
と彼女たちを順に指さした。

そして執事にA,B,Cと指をさされたメイド達は、いきなりポーズを取った。期待に目を輝かせるその他の家臣と何が起こっているのか全く理解できていない新入りメイド、エリーが対照的な光景だった。


「誰もが一目おいてるメイドの長!アリエル・A!」
「誰が呼んだか暴言メイド!いつか返上、目指してる!ベロニカ・B!」
「誰であろうと私は味方!天使の微笑みばらまくわ!クリスん・C!」

ばーん!と三人は各々のABC文字のポーズをとって、締めくくった。

「・・・・・・はい、ありがとうございました。続きまして、」
「拾えよ!!!!!」
B文字がポーズをとったままで執事に向かって叫んだ。
「しばらくしたら考えますよ、ベロニカ・B」
「今やらないと意味がねえだろうがよ!」
そこでC文字がB文字をなだめに入った。
「まあまあ、落ち着いてベロニカ」
「クリス、あんたこそ落ち着いてないで・・・・・・、ってあんたすごいわね、その格好。ずっとそのままでいたの!?」
クリス、いや、クリスん・CはC文字担当である。
「ばかなッ」
「あの体勢を長時間維持するだと!?」
「奴は化け物か!?」
家臣たちが口々に彼女を評しても、C文字は微動だにせず、B文字の言葉に応えた。

「当然じゃない」
「・・・・・・あんたこういうの結構好きよね」
「えへへ、ありがと」
「褒めてないからね!?」

「・・・・・・はーい、というわけです。これでメイドの紹介は終わりです。他の家臣達にも自己紹介させようと思ってましたが時間の都合もありますので、これでお開きにしましょう」
「なにい!?あたし達だけにこんなことさせてお開きだあ!?てめえ、執事!時間の都合ってなんだ!言ってみろ!」
執事のやる気のない発言にB文字が抗議の声を上げた。
「え?えーっと、そうですね・・・・・・、あ!このままでは姫様のお体が冷えてしまいます。それはいけません。早く中に入らないと」
「最初のタイムラグは何だ!あと、今は夏だ!腹が冷えるか!」
「ああ、そうですね。・・・・・・熱中症になってしまいます」
「大丈夫だよ!姫様はパラソルの下でアイスティー飲んでるから!」
「いえ、私たちが熱中症に」
「てめえ、私たちに向かってよくそんなことが言えるな!」
しんどい姿勢のまま断固抵抗を続けるB文字は叫んだ。

しかし、そんなB文字の肩にぽん、と手が置かれる。
それは共に戦場を駆けたAとCであった。
「もういいのよ、もう・・・・・・」
「ベロニカ、もうやめて・・・・・・」
「メイド長、クリス・・・・・・」
B文字は感動の涙を・・・・・・流さなかった。
「なんでポーズ解いてるのよ!」
「だってしんどいじゃない♪」
と一番楽なポーズだったはずのアリエル・A。
「飽きたわ」
とドヤ顔で宣言するクリスん・C。

あーだこーだと言い争うメイド達を尻目に家臣は続々と帰っていき、後に残ったのはメイドABC+Eだけだったとさ。

†††

詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで 2-12

†††2-12

「昨日来た、と?」
「ああ」
「何時頃?」
「午前中、かな」
「どこに出てきました?」
「どこだっけ・・・・・・?南東の大陸の山の上・・・・・・?」
「ふむ・・・・・・」
白づくめの天使みたいな女の子は俺を質問責めにした後思案顔になった。
<なんだろうね?>
「さあ・・・・・・」
俺とキティがこそこそと話していると白天使は懐からでっかい角笛を取り出した。どのくらいでかいかというと、
「<でっか!>」
くらいでかい。明らかに天使の身長よりもでかい。どこに持ってたんだ、そんなん。

天使はその角笛をどん!と地面においてぶうおぉお~、と吹き鳴らした。

ざっざっざっざっ
ざっざっざっざっ
ざっざっざっざっ
・・・・・・

しばらくすると俺の周りを兵隊が取り囲んでいた。
「うおっ、ちょっ、待っ」
<僕は無関係だよー>
キティは逃げた!
「あっ!裏切り者!」
ジョンも逃げた!
しかし、兵隊に回り込まれてしまった!
「ふっふっふ、逃げられませんよ」
天使が悪役みたいな笑い方をする。でも似合ってなかった。
「さあ!みなさん!この人を連れてっちゃって下さい!」
天使が号令をかけるとうおー、と兵士たちは俺を胴上げみたいにしてかつぎ上げ、えっさほいさとどこかへと向かい始めた。
「うわー!キティ、ミリアー!助けてくれー・・・・・・」
俺の叫び声は都の市場へと消えていった。

†††
今日のおまけコーナー!

<・・・・・・なんてことがあったんだよー>
「あらまあ、大変ね」
<ジョンはどうするの?>
「そうね・・・・・・、ご飯を食べてから考えましょう」
<さんせー!>

†††