FC2ブログ


ドレタキ! 2-7 新人教育

予告通り「ドレタキ!」を更新します。エリーちゃんは今回で無事にブローチを取り戻せるのでしょうか!?
実はきまぐれで描いたジョン(詰みゲー!の主人公)の絵が気に入ったのでPC版の右上の方に載せときました。良ければ一目見てへったくそな絵だとあざ笑って下さい。
以上、天野孔雀でした。



前回のあらすじ
新人メイドのエリーが落としたブローチを求めて落とし物管理室にやってきた執事、ベロニカ、エリー。しかし、ブローチは「クリスン」なる人物に返却された後だった。
さて、ブローチは無事にエリーの元に返るのか?




2-7  新人教育


「クリスさん!落とし物管理部です!ここを開けて下さい!」

フィローネさんはクリスのメイド控え室にやってくるなり部屋のドアを乱暴にノックした。さっきまで穏やかだった彼女の豹変っぷりから彼女とクリスには浅からぬ因縁があるようだ。

「クリスったら、またやったのかしら・・・・・・」

ふと、つぶやいたのはメイドB、ベロニカだった。

「誰が・・・・・・!まあいいわ。それどころじゃないし」
「なにブツブツ言ってるんだ、メイドB?」
「殺すぞお前。……クリスがまた落とし物をだまし取ったってことよ」
「だまし取る・・・・・・ですか?」
「そーよ」

エリーの問いにベロニカがため息混じりに応えたとき、クリスの部屋のドアが開いた。

「あら、またあなたですか・・・・・・。どうぞ、いらっしゃい」

クリスは完璧な笑顔でフィローネ以下四名を出迎えた。


***


いきなり押し掛けた四人に対してクリスはとても丁寧に応対した。四人をテーブルに座らせ、沸かしたての紅茶を淹れてくれたのだ。執事はとても幸せな気分になった。
しかし、フィローネさんは紅茶を飲む前に口を開いた。

「さきほど落とし物管理部に『クリスン』さんという方がいらっしゃいました」
「あら、そうなの?」

クリスが席につき、優雅に紅茶をすすりながら応える。

「そして私はその方に『E』というイニシャルの入った百合の花のブローチを返却しました」
「さぞかしお高い・・・・・・、いえ良いブローチだったのでしょうね」
「・・・・・・さあ、クリスンもといクリスさん!ブローチを返していただきましょう!」

いきなり立ち上がりクリスを指さすフィローネだったが、

「・・・・・・は?」

完全にのれんに腕押しだった。

「あなたはいつもここにいらっしゃっては同じようなことをおっしゃいますが、その度に私がいつも申し上げている
ことを覚えておいでで?」
「いえ、全く!」
「『確固たる証拠を持ってきて下さいといつも申し上げております』と言っています。・・・・・・証拠はお持ちで?」
「しょ、証拠ですか? 証拠、証拠・・・・・・」

クリスの言葉でフィローネさんは明らかに動揺している。そんなフィローネさんを見て執事とメイドB、エリーはひそひそと話し始めた。

「いきあたりばったりで来たんだな」
「それだけ必死なのよ。それにクリスって強敵だし」
「そうなんですか?」
「そうよ。犯人なのにあれだけ堂々としているでしょ。風格の段階で勝てないわ」
「いや、風格は関係ないだろ・・・・・・」

・・・・・・と三人の雑談中に周りをキョロキョロして証拠を探していたフィローネさんはついに何かを見つけだした。

「そ、それ!そのカツラ!それは『クリスン』さんの髪型にそっくりです!」

ベッドの上に無造作に置かれたカツラを指さして勝ち誇ったようにドヤ顔を見せるフィローネに対しクリスは、

「こじつけにもほどがあるわ・・・・・・」

とげんなりした表情を見せていた。そしておもむろに立ち上がるとそのカツラをかぶってみせた。

「あ・・・・・・」

間抜けな声を上げたのはフィローネだった。

「どう? 『クリスン』とやらに似ているの?」

うっすらと笑みを浮かべるクリス。彼女がかぶっているのは黒の長髪のカツラだった。

「いえ、彼女は短髪でした・・・・・・」
「そう。ならこれは証拠でもなんでもないわね」

クリスはカツラを脱ぎ、ポンとベッドに投げ置いた。

「そろそろ仕事の時間なの。出ていっていただけるかしら?」
「クリス、あなた・・・・・・!」

戦意喪失してしまったフィローネさんの代わりにベロニカがクリスの前に立ちふさがった。

「あら、どうしたの?」
「あのブローチはこの子の大切な物なの。しらばっくれてないで、早く・・・・・・」
「そうそう。ブローチねえ。思い出したわ」

ベロニカの言葉をさえぎってクリスが言う。

「さっき、黒髪短髪の女が、どうやって城内に侵入したのかわからないけど、屈強な数人のガラの悪そうな男たちに、何かしらの品物がどっさりと入った袋を渡していたわ。私のカンではブローチはその中ね」
「・・・・・・!」
「ちなみに男たちはとっくに城を出ていったわ。今頃は馬車で近くの町に向かってるわね。あくまで私のカンだけど」
「・・・・・・っ!行くわよ!ボケナス!エリー!」
「ちょっと待て、ボケナスってのは僕のことか!?」
「待ってください~」
「証拠、証拠・・・・・・!くやしい~!」

ベロニカは執事をひきずり、その後をエリーが追う。さらにその後でフィローネはぐすぐすと泣きながら部屋を出ていった。そして最後にクリスはこう言って紅茶をすすった。

「新人さんだからね・・・・・・。甘めな指導はこれが最後よ?」

スポンサーサイト



詰みゲー! 5-2  空の旅、異変の影

「詰みゲーもここまで来たか」感があります。でも「ここまでしかこれてないのか、まだ」感の方が圧倒的に強いですが。でもこれから(も)がりがり頑張って更新していきます。
でもたぶん来週はドレタキ更新です。忙しいから。


空の旅、異変の影

ごうんごうん。
ごうんごうん。

野太い軋み声を上げながら<キャシャラト>は順調に空を駆けているようだった。小窓からは豆粒ほどになった地上の建物が見える。おそらくこの世界の一般的な市民はこんな景色を見ずに一生を終えるのではないだろうか。
そんなわけで、

「うわー!高っかいですねー!」

そう言って窓にしがみついている少女がいるのも無理は無い話なのではないだろうか。

ジョンたちが<キャシャラト>に乗り込むと、中にはパッと見て三人の男女がいた。
一人は長身の男。髪の毛が『怒髪、天を衝く』状態になっている。おそらく二十代後半。
二人目は丸っこい体型の男。大人しそうな見た目で驚異的な丸顔であること以外には特にこれと言った特徴はない。怒髪と同じく二十代後半か。
三人目は赤毛の少女だ。丸メガネに三つ編みのツインテール。たぶん十代後半。

赤毛の少女が窓から離れてジョンとシャープに近づいてきた。他の怒髪と丸顔もそれに続く。

「ご苦労様です!ペンシル准将、勇者サッキー・ジョンさん!」
「うむ、ご苦労アーニャ。二人もな」
「「ご無沙汰しています、准将」」

ジョンは『サッキー・ジョン』と呼ばれたことで少しむっとした顔をしていた。赤毛の少女、アーニャはそれにめざとく気づいた。

「おや、どうしました。サッキーさん?」
「・・・・・・できればジョンと呼んでくれると、助かる」
「わかりました!サッキーさんですね!」
「これっぽっちもわかってないじゃん!」

ジョンが声高に叫ぶと赤毛の少女はくすくすと笑った。

「冗談です、ジョンさん。レイン様にからかうように言われていたので」
「あの白髪幼女め・・・・・・。今度会ったら高い高いしてやる」
「それは罰なのか?」

と、シャープ。ジョンはそれをスルーすることにした。

「それで、そちらのお二人さんのお名前は?」

ジョンが自己紹介も済んでいない怒髪と丸顔に話をふった。すかさず怒髪が名乗る。

「あっしの名前はペニー。その筋ではペネトレイターと呼ばれてまさぁ」
「どの筋だよ・・・・・・」

髪の毛だけじゃなく口調まで変なのか、とジョンは心の中でぼやいた。そこへ、丸顔の男が名乗る。

「私の名前はシエル。その筋ではシールドと呼ばれているよ」
「だからどの筋だよ・・・・・・」
「そのうちわかりますよ」
「ふーん。ところでこれで全員なのか?」
「いいえ、もう一人いますよ。今は操縦してます」
「ここに呼びますか?」

赤毛の少女、アーニャがメガネをきらりと光らせながら言う。

「いや、ダメだろ!船が墜落するわ!」


***


船を落とすわけにも行かないのでジョンたちはぞろぞろと操縦席へ移動した。
操縦席に座っていたのはキャスケット帽をかぶった少年だった。アーニャと同じく十代後半か。

「ご無沙汰しています、シャープ准将。はじめましてジョンさん、僕はローシェと言います」

席を立ちジョンとシャープに一礼すると、

「失礼します」

と詫びてローシェは再び席について操縦を始めた。

「大陸まではあと五時間くらいで着きます。その後はどうなるかわからないので皆さん、準備をしておいてください」
「何よ、ローシェ。回りくどいじゃない。何があるのよ?」

ローシェにアーニャが随分と砕けた口調で話しかける。ペニーがジョンにささやく。

「ローシェとアーニャはデキてるんでヤンスよ」
「そうなのか!?」
「あっしのカンでさぁ」
「カンかよ・・・・・・」

二人のささやきを聞いてか聞かずか、ローシェはアーニャに厳しい声で注意した。

「アーニャ、仕事中ですよ。何ですか、その口調は」
「いいじゃないの、もうこの先ずっと仕事じゃない。だったら全部プライベート扱いにしないと身が持たないわ」
「なんですか、その理屈は」
「いーからいーから。それで何があるのよ?」
「一番の懸念は魔物との遭遇です」
「あたし飛行型の魔物はよく知らないんだけど」
「海上には連中はほとんどいない。魔力が供給できないからね」
「ふむふむ」
「だから警戒すべきは大陸に入ってからだ。<キャシャラト>は速いけれど魔物と比べて格段に速いわけじゃないからな」
「なるほどねー」
「・・・・・・ちょっといい?」

ローシェとアーニャの会話に割り込んだのはジョンだった。

「魔物って生き物だろ。魔力が必要なのか?」
「魔物は生き物ではありませんよ。あれは<具象化結晶《マテリアル》>の身体を持った魔動人形です」
「え?」

ジョンはポカンとした顔をしてシャープを見た。

「言ってなかったか?」
「ひとッことも言ってねえよ!」
「すまんすまん。まあ、今わかったからいいじゃろ?」
「よくねえよ!」


***


ジョンがシャープにツッコんだ四時間三十分後。
ローシェとシャープは操縦席で話をしていた。

「見てください、中央大陸(セントリア)の陸影です」
「うむ、いよいよだな」
「はい。・・・・・・ん?」

そのとき、具象化ガラス越しに(要するにフロントガラス越しに)前方を見ていたローシェは眉をひそめた。

「どうした?」
「十一時の方角に<大蜂>の群です」
「・・・・・・あの黒い霧か!」
「視認できる限りではポーン級ばかりのようですが・・・・・・あの中にルーク級がいないとは断言できません」
「回避は?」
「不可能です。もう気づかれています」

そう言ってローシェは少し上を指さした。具象化ガラスの端に手のひらほどの大きさの半透明な置物が乗っていた。しかし、それが置物ではないことをシャープたちは知っている。

「<硝子鴉>か」
「たった今気づきました。申し訳ありません」
「いや、いい。気づいても何もできん」

シャープは徐々に迫ってくる黒い霧に背を向け、ジョンたちが休んでいる第一貨物室へと向かった。

今週はお休みです

タイトル通り今週はお休み。北の海の魔女の展開を迷ってしまって……。前にラストまで書けるとか書いたとか言ってた気がするのですが、あれも間違いではないです。
あの時点では。
ただ投稿するときにちょっとずつ修正を加えていったら、上手くかみ合わなくなっちゃって。てへぺろですね。はは。
まあ、来週には何かしらのお話は投下できるとおもいます。

詰みゲー!のあらすじだよ!

詰みゲー!のあらすじ。1~4章まで。


ネタバレしてるのでそれでもいいよって人は読んでください。
よくない人はバックしてください。
読んだ人は(いないか!)整理のために読んでください。

















恋人を亡くしてしまった主人公・坂井翔太(たしか18)は自殺するために雪山を登っていたら、いつのまにか異世界に来ていた。しかもどうやら魔物に世界の七割くらいを占領されてるとかなんとか。
そんな(どんなだ)坂井少年が出会ったのはミリアとかいうかわいい魔法使い。恋人を亡くして半年経つとはいえ、彼は思いっきりかわいいと思ってしまいます。なんやかんやで彼女についていくことになって、王都へ。
王都で王様に謁見して勇者にしてもらいます。その後で魔物たちが現れるきっかけとなった事件を(恐ろしく長い時間をかけて)聞かされます(話が始まる前に第一章・二章が終わり、話で第三章がつぶれる)。
ちなみにこの話でわかるのは魔物の襲撃に黒い服と赤い服を着た男が関わっているということだけ。後はオーレンとレインという人物が元は主従関係にあったということとレインが記憶を無くしているということ。
話の後で、ジョン(坂井少年の愛称)はミリアの所属する東狼団というグループに入会し、ミリアの兄ベンジャミンと会う。
そして、ジョンは修行のためロベルトという男の能力で作られた異空間(なのかは作者も知らない)で半年分の修行を積むことになる。
師匠はシャープ准将という軍人さん。ミリア、ベンジャミン、途中参戦した王女クラリスとともに修行を続けていたジョン。ある日ジョンの元に凶報が届く。


(この先を読んでいない人で読む気が出てきた人は引き返すことを推奨します。)

















任務で外に出ていたミリアが敵(魔物側)にさらわれたのだ。
ジョンは(恋人は救えなかったが)今度こそ、という決意をしてミリアを救出するべく動き始めた・・・・・・。



というところから第五章です。
あんまり要約できていなかったですが、これが天邪鬼クオリティということで許してくださいな。

それではまた。




詰みゲー! 5-1選択(後半)

今週は詰みゲー!です。ずっと前に前半を載せたまま放置していた第五章の一話の後半を書きました。五章までが長すぎたのですが、本番はここからです。あらすじを更新してこれまでの流れを書いておくので、長すぎると感じた人はそちらでショートカットしてください。それではまた。


***

「これが〈キャシャラト〉です!」

レインが指さしたのは流線型のフォルムを持った小型の輸送機だった。大きさは二十五メートルのプールにすっぽりと入る程度。色はくすんだ青と灰色。

「おー、これが〈キャシャラト〉か!カッコいいじゃん!」
「いいから乗れ!」

〈キャシャラト〉の大きさに感心していたジョンであったが、シャープによって機体のわき腹に付いているドアに突っ込まれた。

「ローシェ、もう時間が無いから飛ばしてちょうだい!」
「了解です!」

レインが操縦席の辺りに命令すると少年の声が返事をした。直後、〈キャシャラト〉が大きく揺れ始める。明らかに離陸が始まっていた。

「ジョン!」

レインに呼ばれたのでジョンは開けっぱなしのドアから首を出した。機体は既に少し浮いていて今にも飛び立とうとしていた。

「必ずミリアを連れ帰ってください!さもないと・・・・・・」

レインは二の腕を曲げた。

「お仕置きです!」

二の腕を曲げたのは失敗したら拳骨、という意味か。

「わかったよ!殴られたくないからな!必ず連れて戻るよ!」
「約束ですよ!」

ジョンがドアから頭を引っこめると同時に<キャシャラト>が低い機械音を発して飛び立った。


***


みるみる小さくなっていく〈キャシャラト〉を見上げてレインがつぶやく。

「行っちゃいましたね」
「そうですね、お嬢様」

レインがオーレンを見上げてニヤリと笑った。

「これから忙しくなりますよ、オーレン」

くるりと踵を返して足早に王城へと向かうレインと、その後ろを三歩退がってついていくオーレン。

……何年も続いてきたこの微妙な距離が修復しようもないほどに離れてしまうのはこれから一ヶ月後のことである。