FC2ブログ


北の海の魔女 117 逆鱗結界

117 逆鱗の結界

前回のあらすじ
シャインは東の国が進軍しているという知らせを受け取るが、直後に真面目な西の兵たちによって捕らえられてしまう。ホルトゥンが第七区でベリオと抗戦しているとき、隣の第八区ではレイケンが雄叫びを上げていた。


ちなみに陣の区分けは
123
456  →  東の国
789
という感じで並んでいます。だから第五区だと真ん中ということになりますね。東の国は方角の参考に。
ちなみに4区に将軍の幕舎(作戦会議室あつかい)があります。

今回、シャインは5区、ホルトゥン&ベリオは7区、レイケンは8区と7区の境目くらい、グルップリー&ヒゲ将軍は9区にいるところからスタートします。
それでは。






「しつこいですよ先輩!いい加減に死んでください!」
「まだ、まだだ・・・・・・。はあはあ・・・・・・」

ベリオの襲撃から約十五分。<浮遊《フライ》>と<鉄《フェルム》>の魔法を使用し続けるベリオに疲れの色はほとんど見えなかったが、対照的にホルトゥンの息の荒さはすでに彼が限界であることを物語っていた。

「そろそろ限界みたいですねえ。それじゃあ、止めと行きますか!」
「マジか!?」

ベリオは両腕を天に向かって広げると、

「降り注げ!<鉄の雨《フェルムレイン》>!」

そう叫んで文字通り小さな鉄球を雨のように降らせた。

「いっ、いた、いて!痛ててててて!」

一つ一つは大した威力ではないのだが、なにせ量と範囲と密度が半端ではない。ホルトゥンは頭部を両手で覆ったが、覆いきれないところに無数の攻撃を受けた。
痛みと目眩でうずくまるホルトゥンに対してベリオが笑いながら声をかける。

「ふふふふふ・・・・・・。この技は神経使うから使いたくなかったんですけどね。先輩があまりにちょこまか逃げ回るから使っちゃいましたよ」

そしてホルトゥンを指さすと、

「これでもう動けないでしょ。おわかれです、先輩。俺、先輩のこと嫌いじゃなかったです」

そう言って右手を掲げ、特大の鉄球を作り出した。

「ま、嘘ですけどね」

ベリオはその鉄球を慎重に、狙いを定めてホルトゥンの上に落とそうとした。
しかし、そんなベリオの右腕から突然一本の矢が生えた。鉄球が見当はずれの方に落ちる。

「・・・・・・???」

いきなりのことに頭上に『?』を浮かべてベリオは一瞬戸惑い、そして、

「うおああああああああっ!なんだこれえええええっ!?」

絶叫した。やがて怒りの籠もったまなざしで地上を睨みつけた。

「貴様かっ・・・・・・!」
「俺様だ」

そこにいたのはレイケン将軍と数十人の西の国の兵隊たちだった。


      ***


「ほら、ボウズ!しっかり歩け!」
「う~、くっそー!あの伝令兵めー!」

シャインは歯噛みしながら兵士に第五区へ連行されていた。

「お前は今から医療舎行きだ!大人しくしてろよ!」
「え、優しい女の人とかいるの?」
「いるわけねえだろ。男の衛生兵ばっかだよ」
「なんだ・・・・・・。がっかりだよ・・・・・・」
「そう気を落とすなって」

第五区には怪我をした兵士たちを診るための簡易的な医療舎があった。シャインはまだ子供、ということで情けをかけられてそこに連行されていた。

そして数分後にはシャインは無事に第五区の衛生兵の所へと届けられた。


      ***


「弓兵ども、構えろ!」
「『ども』は余計だ、東の国の裏切り者め!」

レイケンの合図(?)で弓兵がベリオに向かって矢を一斉に放つ。
しかし、ベリオは<鉄《フェルム》>で鉄の盾を作り、これを防いだ。

「不意打ちでもなければ当たりやしねえよ!クソ将軍が、俺を傷つけたことを後悔させてやる!」
「やれるもんならやってみろよ、クソガキ」

レイケンが指先でちょいちょい、と挑発する仕草をした。ベリオは挑発に乗ってホルトゥンの頭上からレイケンの頭上へと移動した。
レイケンのそばにいる弓兵たちはベリオを見上げる格好になって射るのが難しそうだ。

「死ねよ、クソ将軍」

口調までがらりと変わったベリオが再び特大鉄球を出した。
落下する鉄球を紙一重でかわした将軍はにやりと笑った。

「死ぬのはお前だ、クソガキ」

瞬間、ベリオの左半身に矢が何本か突き刺さる。痛みで意識を失ったベリオは<浮遊《フライ》>で浮いていることができずに落下した。

レイケンは弓兵の班を二つ作り、一つをそばにひかえさせてベリオの前に姿を現した。もう一つの班は近くの物陰に潜ませていたのだ。ベリオは見通しの良い空中にいたがホルトゥンに夢中で彼らの動きに気づくことができなかった。
レイケンはベリオが頭上に来るタイミングーーーーー視野が最も狭くなるタイミングを見計らってもう一つの班に矢を放たせたのだ。


      ***


一方、東の軍の先頭。

「ふはははは!今、連中は突然侵入してきたベリオにかかりきりのはずだ!ホルトゥンめ、いまごろやられてしまったやもしれんな!」
「頭の良い大臣方の作戦です。成功間違いなしですよ」

先鋒を任された将軍とその側近が話している。
この二人はもちろん、大臣たちも彼らが攻める陣、砦にもう一人の魔法使いグルップリーがいることは知らない。
グルップリーは戦闘において顔を見せたことはほとんど無かった。いつもは顔を隠して遠くから魔法を使っているからだ。
故にグルップリーが西の国の遠征軍に参加していることを知っていた者はいなかった。そもそもその名前すら知られたものではないのだ。素性の知れないグルップリーはその魔法から『城門破り』の異名しか持っていなかった。
そして今回の戦闘で『城門破り』はついぞ姿を見せなかった。アヴィンの関所が開いていたからだ。
しかし東の国は『城門破り』でなくとも他の魔法使いがいる可能性は考慮していたらしい。
なぜなら・・・・・・。

「それにしても大臣方も贅沢なことをする!国宝級の代物を全部使うなど!」
「『盾』のことですか?そうですよね、今回の突撃だけでも三つも使うなんて!」
「原理はわからんが・・・・・・今あそこは魔法が使えなくなっているのだろう?そしてこちらの魔法は使える、と。反則のようで気が引けてしまうがな!ふはははは!」
「三つの『盾』で三角の陣を作り、敵の砦を囲む・・・・・・。それにより、敵の魔法を無効化する一方で味方の魔法は増長・・・・・・。確かに反則的ですね」

東の国が『盾』・・・・・・竜の鱗を利用して作り上げたのはかつて竜が作れと言った陣の真逆の性質を持つ陣だった。


      ***


ホルトゥンは地面に倒れたベリオから『盾』を奪い取ろうと、ベリオの身ぐるみをはいでいた。レイケンはそんなホルトゥンに多少ヒキつつも彼を手伝っていた。
不意にホルトゥンが立ち上がる。

「『盾』を持っていない・・・・・・ということは、これは『逆鱗の陣』だな」
「げきりん?」
「東の国が国宝として有り難がっているものは竜の鱗だ。竜の鱗は強力な魔法道具だから単独でも十分すぎる効果がある」
「魔法を無効化するってやつか。聞いたことあるな」
「だが、竜の鱗の真の効果は複数枚使用しての結界だ。完全なものを作るにはおそらく十二枚必要だが、弱いものなら三枚で十分作れる。これは本来の効果とは違うが・・・・・・」
「本来の効果?」
「本来は守護竜が守ってきた村の平和を願って作るようにいった陣だ。竜鱗の陣、と言う。外敵の魔法を無効化するのはもちろん、天災なども防いだはずだ」
「じゃあ、今は・・・・・・」
「ああ。おそらく逆の効果が発動している。『陣の中の対象者』はもれなく魔法が使えなくなる。兵も弱体化しているかもしれない。・・・・・・まあ、完全なものでないから効果は魔法に関するものだけだろう」
「そ、そうか・・・・・・」
「嫌な予感がするから私は竜の鱗を見つけて回収する。お前はシャインを見つけてこのことを伝えてくれ」
「お、おい!俺のことを信用しすぎじゃないのか!?」

痛む身体を動かしてホルトゥンはすでに歩きだしていた。
レイケンの言葉にホルトゥンは気だるそうに答える。

「シャインが信用したんだ。私が信じないわけにはいかないんだよ」

そう言うとホルトゥンはその場から立ち去った。

スポンサーサイト



詰みゲー! 5-3 襲撃と衝撃


今週は詰みゲー!の更新です。今回はジョンが活躍してるかも。
ちなみに今後は更新がテキトーになります。ご了承ください。
それでは。




5-3 襲撃と衝撃


「敵襲じゃ!」

操縦席からジョンたちのいる第一貨物室へ入ったシャープは開口一番にそう言った。
ジョン、アーニャ、ペニー、シエルが一斉にシャープを見る。シャープは続けた。

「前方に<大蜂《ジャイアントビー》>の大群だ。空での戦闘経験が最も多いローシェが臨時でリーダーだ。指示をよく聞け」

ジョンは「俺の立場は?」と思ったが黙っておくことにした。人間関係に波風を立てないことは大事だ。
数秒後、船内の譜機械(スペルマシン。略してスペマ)でローシェの声が響いた。これの名前は『伝音機』という物で、無線や電話のようなものだ。

「<大蜂>の群れには約七十秒後に接触します。視認できる限りではポーン級が少なくとも百から二百。ルーク級の有無はわかりません。これから指示を出します」

そこでローシェが息継ぎを挟む。

「シエルは操縦席に、ペニーは砲撃台へ。准将とジョン、アーニャは第一貨物室で待機。ジョンとアーニャは准将の指示に従って下さい」

ローシェの指示でシエルは操縦室へ向かい、ペニーは天井への梯子を上り始めた。第一貨物室の梯子から船外に出ることができる。砲撃台は船の背中、ちょうどイルカの背びれのような位置にあった。

「砲撃、開始!」
「合点承知ってなもんよ!」

ローシェの合図とともにペニーの大声と銃声が聞こえてきた。
ちなみにペニーが砲撃台で撃ちまくっているのは<魔銃>という譜機械(スペマ)で、具象化結晶(マテリアル)の弾丸をスペルで撃ち出している。強力な武器で、マテリアルの鎧で覆われた魔物でもダメージは割と通るのだが、残念なことに重量と反動の関係で携帯武器にするのは難しい。

「砲撃、止め!シールド、展開!」

<大蜂>の群との距離が縮み、ローシェが新たな命令を下す。
<魔銃>なら<大蜂>単体にけっこうなダメージは与えられる。しかし群全体を食い止められるか、と言うとそれは土台無理な話だ。射程距離に入ってからシールドを張るまでのわずかな時間にペニーに撃たせたのは一匹でも減らしたいというローシェの本音があったからだ。焼け石に水でもやらないよりマシ、ということである。ちなみにシールド展開中は内から外への攻撃も遮断されるので<魔銃>も使えなくなる。

ガガガガガガガガガガガ!!

大量の<大蜂>がシールドにぶち当たる音が船内に響く。ついでに殺しきれなかった衝撃もかなり船内に来てしまっており、ジョンたちはたまらず船壁につかまった。
シールドはつまるところラグビーボールのような形をした巨大な具象化結晶に過ぎない。それをキャシャラト本体につないでいるだけだ。シールドは攻撃を受け続ければ壊れるし、衝撃も緩和されてはいるものの船内に伝わるのである。

しばらくすると、地震のように続いていた揺れがピタリと止まった。直後、ローシェの船内放送が流れた。

「ルーク級の個体を正面に確認!総員、衝撃にそな・・・・・・」

ローシェの警告の途中で衝撃はやってきたが、警告が十分早くとも大して意味は無かったろう。知っていても到底耐えきれる衝撃ではなかったのだ。
シャープが吹っ飛び、ペニーは梯子から落ち、アーニャが宙に浮き、ジョンは操縦席への扉に叩きつけられた。

「うおっ!」
「ぎゃっ!」
「きゃっ!」
「ぐはっ!」

ジョンが打ったらしい頭をさすりながら貨物室のメンバーの様子を見た。全員深刻なケガは無さそうだった。そして振り返ると操縦席への扉が開いており、ローシェとシエルの姿が見えた。二人とも無事らしい。
そこまで確認してジョンはふと視線を上にずらした。フロントガラス越しに外を確認しようとしたのだ。

奇怪な物が視界を遮っていた。
それは巨大な一つ目の模様。誰かが壁に書いた大きな目玉のラクガキ。いくらかコミカルにも見えるそれはこの緊迫した雰囲気にひどく不釣り合いだった。

その巨大な目玉模様を持つ魔物がルーク級の<大蜂>であり、たった今シールドを破壊したのだとジョンが理解するまでに三秒かかった。


***


ルーク級、ポーン級とは、魔物たちを分類する等級である。ポーン級は雑兵、ザコに当てられ、ルーク級はとりわけ大きな個体や重量のある個体に当てられる。
ポーン級の<大蜂>は体長一メートル。昆虫の蜂としては十分に大きいが、ルーク級は体長五メートルである。小さいの巨大ロボ並の迫力がある。
五メートル大の巨大な具象化結晶の塊が正面から突っ込んでくれば堅固なシールドでも破壊されるのは無理のない話だ。しかしシールドも最後の意地くらいは見せてくれたらしく、<大蜂>はシールドの一部を破壊した所で亀裂に挟まった。じたばたと暴れる<大蜂>を見てローシェが声を上げる。

「あいつ、挟まったのか!?」
「そのようだな」

シエルが冷静に応える。そして顎に手をやって続けた。

「ふむ、攻撃するなら絶好のチャンスだな。奴はすぐにでも邪魔なシールドを破壊して中に侵入するぞ。そうなったらもう駄目だ。打つ手が無い。<魔銃>も効くまい」
「遠距離攻撃のスキルなら僕とペニーだが、威力が無いからトドメは刺す前に奴は抜け出してしまうな・・・・・・」

そこで二人はうーん、といって黙りこんでしまった。ジョンは思わず、

「え、終わり?」

と聞いてしまった。するとローシェが怒ったように答える。

「あの蜂を攻撃するなら砲撃台からです。ですが、<魔銃>はルーク級を殺すには役不足です。だからスキルでの攻撃を考えなければいけないのですが、遠距離攻撃のスキルでもかなりの時間がかかります。つまり我々には打つ手が・・・・・・」
「ある!!俺なら奴を殺せる!!」

ジョンはローシェの言葉を遮って声高に叫んだ。

「何を言っているんですか、ジョン?遠距離攻撃のスキルも持たないあなたが奴を殺せるわけ・・・・・・」
「できる!」
「どうして・・・・・・」
「俺は勇者だからな!」

そう言ってジョンはにひひ、と笑った。

「信じてくれ、ローシェ。俺は勇者だ。みんなを守るくらいのことはできる」

ローシェは自称勇者の顔を穴の開くほど見つめていたが、不意にため息を吐いた。

「・・・・・・わかりました。あなたを信じましょう。砲撃台へ行ってください」
「ああ、任せとけ!」


***


ジョンは砲撃台への梯子に手をかけながらシャープたちに、

「行ってくるぜ!」

と言った。するとシャープはグッと親指を突き出して、

「うむ、行くがよい!」

と言った。信頼されてるなあ、とジョンは少し嬉しくなった。
アーニャとペニーがぎゃーぎゃーと騒ぐ中、ジョンは砲撃台に上った。

周囲は全て透明なシールドに囲まれている。シールドを透かして青い空と海が見えた。魔物さえいなければ絶景なんだけどな、とジョンが心の中でつぶやく。
魔物、ルーク級の<大蜂>はまだシールドに挟まったまま身動きがとれないでいた。だが、亀裂が広がっているので抜け出してまうのも時間の問題だろう。

「化け物め、年貢の納め時だぜ!」

ジョンはそう言って右手を突き出した。

「召喚・紫電槍!」

宣言に呼応するようにジョンの右手に一本の槍が現れた。長さは約百九十センチ。スペルの書かれた擬木製の柄、先端には鋭い両刃を持ち、刃の根本には動物の毛のようなもさもさした塊がついていた。

召喚とかこの槍の詳しい話はまたいずれ。

ともかく。
ジョンは槍を構え、そのままの体勢でスペルを起動させた。槍の柄のスペル文字がぼんやりと鈍い光を放つ。
スペルを起動させるとジョンは槍を<大蜂>めがけて思いっきり投げた。

「突き破れッ、<紫電槍《ライトニングジャベリン》>!!!」

紫電槍はほぼ直線の軌道をとり、見事<大蜂>の顔面に突き刺さった。
突き刺さった槍は一度だけバチリと小さく鳴くと、船をも震わす咆哮を上げて<大蜂>の身体を食い破る雷と化した。
メキメキと轟音を上げて<大蜂>に絡みつく紫電の帯はさながら獲物を絞め上げる大蛇のようだった。