FC2ブログ


詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで1-7,1-8

†††1-7

「え?ど、どうして」
口ごもってしまった。ハンナの母は遠くを見やるように窓の外を見た。
「何度軍を出しても負けるからよ。終いには兵隊まで逃げ出す始末だと」
「え、それじゃあ・・・・・・」
言おうとした言葉は直前で音になる声にならなかった。
「そうよ」
ハンナの母は今まで腹の底に眠っていた感情を抑えきれずに不気味な声色で言う。
「この世界はね、滅ぶのよ、近いうちにね」

†††1-8

「そんな・・・・・・」
俺は何も言えなかった。
「だからあたしはあの子を、ハンナを連れてここに来たの。多分この辺りが魔物がやってくる最後の場所、国の南東の大陸なの。皆この辺りに移住を始めてるのよ」
そんなことをハンナの母は口元に笑みさえ浮かべて言った。しかし、その目に希望は無い。もう死んでいる人の目だ。今この会話で現実を再認識してしまってさっきまでの目とは比べることもできない。

なんとかしたい、と思った。
なんとも幼稚な感情だった。多分テレビで貧しい子供たちがどうのこうの、とやっているのを見た時に湧く感情に似ていた。
でもひょっとしたら、とも思う。
平凡な人間が元いた世界からひょっこり違う世界に迷い込んでしまって、その世界のために戦ったりして、何かうまいこといっちゃう、というのは物語のテンプレートと言ってもいい。王道だ。
俺は今まさにそんな設定にぴったりの人間ってワケだ。
だったら試してみるのも悪くは無い。
死んで元々。というかそもそも夢の世界かもしれないのだ。何をしたっていいだろう。

「すみません・・・・・・。俺に町への行き方を教えて下さい」
俺は半ば衝動的にそう言った。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)