FC2ブログ


詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで1-9

†††1-9

ハンナとその母が見送って手を振ってくれた、のは数時間前。山を下りて、なぜか上って、ようやくふもとにたどり着いた。
「ああー、もうやめよっかな・・・・・・」
早くも挫折のきざしあり、だが平々凡々な俺には過酷すぎるハイキングであった。
「あーくそ、足が痛え・・・・・・」
などとぼやきつつ、さらに歩くこと一時間。野に咲く花とか、鹿とか見ながらこの世界は驚くほど前の世界と似ていることに気づく。
「もっと違ってもいいんじゃないのか・・・・・・?やっぱり夢なのかな・・・・・・」
そんなこんなで看板を発見。しかし、読めない。
「なんでだー!会話はできただろーが!」
なお、さっきまでの会話がなぜ成立していたかというと・・・・・・謎だ。テレパシー的な何かだと思う。看板には通じないようだ。

面白くないので足下に転がってた石ころを蹴っ飛ばしながら歩くこと更に三十分。
ようやく町に着いた。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)