FC2ブログ


詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで1-15

†††1-15

「くっ・・・・・・!」
立ち上がれそうになかったので転がって後ろにいた少女に対して正面を向く。
が、少女はいない。
「くそっ、そういう魔術なのか」
この世界の魔術などこれっぽっちもわからないがつぶやいてみる。少女が反応してくれれば情報を拾える。
「そうよ」
またもや後ろから攻撃された今度は背中だ。一点攻撃してこないのはすこしありがたい。
痛みにうずくまる俺に少女は言う。
「あたしの術があんたに見破れるかしら?」
笑いながら言ってやがる。見てろ。
俺はまた転がって、壁際に寄った。
「これならどうだ・・・・・・?」
そして立ち上がる。壁を背にして。
これなら背後からの攻撃はできまい。どうだ?
「へえ・・・・・・。でも残念でした」
少女はそう言うと到底届かないような位置から杖を振った。上から下へ。何かを殴るように。
はっとして俺は頭をかばったが杖はちょうど腕を上げてがらあきになったわき腹に当たる。
「ぐふっ・・・・・・」
「どう?まだ降参しないの?」
「へっ、誰が降参なんか」
「強情ねッ!」
少女がもう一度杖を振り上げる。それに合わせて俺は少女に向かって飛び出した。距離は二メートルほど。こいつが『消える』のが早いか、俺が捕まえるのが早いかだ。
少女が一瞬の逡巡の後、杖を振りおろす。俺は一瞬加速し、進行方向もわずかにずらす。
果たして俺は賭けに勝った。杖はそのままなら俺が通るはずだった位置を空振りしたようだ。少女は杖を振ってしまったので一動作遅れる。『消える』には多分、時間が足りない。
俺は少女の胸ぐらをひっつかんだ。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)