FC2ブログ


詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで1-20

†††1-20

<ミリア、彼は誰なんだい?>
向こうをむいてひそひそ声で二人は話し出した。ちなみに声はばっちり聞こえている。
「確か・・・・・・彼はサッキー・ジョンよ。勧誘に成功したわ」
<わお!やるじゃん、ミリア!サッキー・ジョン・・・・・・変な名前だね!>
「ふふふ、そうね」
「・・・・・・いやいやいや待て待て待て!」
ついに俺は割り込んだ。
「誰がサッキー・ジョンだ!」
「・・・・・・あんたでしょ?」
「違うわ!俺の名前は坂井翔太だ。サ・カ・イ・ショ・ウ・タ!わかったか?」
<ところでサッキーはさあ・・・・・・>
「サッキーじゃねえ!坂井だ!」
<同じじゃん>
「全然違うわ!」
<ミリア!サッキーって面白いね!>
「そうね。面白いのは顔だけかと思ってたわ」
「俺はサッキーじゃねえ!あとさりげなく失礼だろ!」
「事実じゃない、ねえキティ?」
<ね!ミリア!>
「・・・・・・お、俺の顔って面白いのか・・・・・・?」

そこでミリアが咳払いを一つ。
「けほん。ま、冗談はさておき」
「冗談で人の顔、面白いとか言うなよ!」
<うるさいなあ、余計モテなくなるよ>
「うるせえ黒猫!余計って何だ!」
<ミリア~、ジョンがいじめるよ~>
「・・・・・・黙りなさい、ジョン」
「・・・・・・もういいや。好きにしてくれ」
俺(坂井翔太)はもう言葉を発する気力をなくした。
そして静かになったところでミリアは質問から始めた。
「あなた、キティの声が聞こえるのね」
俺は黒猫、キティを横目でちらりと見て、ああ、と答えた。
「そう・・・・・・。猫の声が聞こえる人間は魔術の素質があると言われているわ」
「じゃ、じゃあ、俺にも魔術の素質が・・・・・・?」
<あるかもしれないね!ジョン!>
「・・・・・・。・・・・・・ありがとうキティ・・・・・・」
「というわけでますますあなたはレジスタンスに必要な人材となったわ

俺はミリアのその深い漆黒の瞳の色が少し気にかかった。
「なあ、」
ん、とミリアが返事する。
「もし、俺に魔術の素質が無くても入会させてたのか?」
「もちろん」
「そのとき、俺は何をすることになったんだ?」
「・・・・・・そのうちわかるわ。さて、もう行きましょうか」
ミリアはそう言うと席を立ち、俺たちは店を後にした。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)