FC2ブログ


詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで1-21

†††1-21

店を出てミリアが泊まっているという宿へ向かう途中、例の勝負の制限時間として設定していた「次の鐘」が鳴った。
俺は勝ち誇った顔でミリアを見た。ミリアがけげんそうな顔で俺を見返す。
「・・・・・・俺の勝ちだな」
「は?あんたさっき降参したでしょ?」
「そうだ、たしかに降参して『俺の負けだ』と言った。でもな、ルールでは『参った』と言わなければ負けにならないんだ。つまり、参ったと言わずにまだ立っていられた俺の勝ちだ」
そこまで言った俺の顔をミリアが冷たい目で見る。
「でもあんた、負けたときはレジスタンスに入会するって言ったわよね」
「言った」
「さっき入会したわよね」
「勝つためには仕方ない」
手続きをしなければ負けていないとバレてしまうじゃないか。
そこで俺はついに勝利の喜びを抑えきれなくなった。
「勝ったぞー!やったー!」
夕日が沈む町に向かって叫ぶ俺。
そして後ろから俺を見つめる女一人と猫一匹。
「・・・・・・バカよね」
<バカだね>

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)