FC2ブログ


北の海の魔女 56.0

†††56.0

「い、戦・・・・・・ですか」
「左様」
王様はそのまま少年を試すような目でにらみ続ける。
「そなたは魔女に会いたい。わしらは行くことができる。おそらくじゃが・・・・・・。それはよいな?」
「はい」
「ならばわしらの力でおぬしを行かせてやりたい・・・・・・、そう思うのじゃが・・・・・・」
王様は椅子に再びもたれ髭をいじり始めた。
「それでは王家の威信に関わる気がしてのう・・・・・・。ただの一般人を特別扱いした、と後で民に叩かれるやもしれん」
「・・・・・・」
「そこでじゃ」
王様が素晴らしい名案でも浮かんだかのようにぱん、と膝を叩く。
「おぬしは戦場に出向き、武功を立てよ。さすれば無論、民も文句はあるまい」
「しかし王様、私はすぐにも妹を捜し出さねば・・・・・・」
「よせっ」
傍らに立つ男は小声で少年に注意し、
「陛下、それがよろしいかと」
と王の発言を支持した。
「そうであろう?」
王はにんまりと嗤うと「下がれ」と合図をした。

†††
今日のおまけコーナー!

少年は立て膝をついている。
少年(うっうぅっ!くそっ、もう膝が限界だ!)
王様「戦に出よ」
少年(膝がああぁぁ!は!やべ、じいさんの話聞いてなかった!)
少年「・・・・・・」
王様「・・・・・・」
少年「・・・・・・」
王様「戦に出よ」
一同(王様がリテイクした!?)

†††

うーん、イマイチ。まったねー!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)