FC2ブログ


詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで 2-6

†††2-6

「・・・・・・重いわよ。と言うよりも今のあんたの態度が軽いのよ。なんで今そんなに軽いの」
<そうだよ!不謹慎だよ!>
「いいんだよ。心変わりしたんだから」
俺はしゃあしゃあと肉を口に運びながら言った。
そこでミリアは杖の打撃を、キティは猫パンチを繰り出した。
効果は抜群だ!
「全く、昨日自殺しようとした人間の言葉とは思えないわね」
<見損なったよ!ジョン!>
「ぐはっ。てめえら、覚えてろよ・・・・・・!」
俺はそう叫ぶと、ため息を吐いた。
「俺は死ぬのが怖くなったんだよ!笑いたきゃ笑え!死んだ人間が恋しくなって死のうとしたけど、死ぬのが怖くなってやめにしたんだ!俺は・・・・・・」
そこまで一気にまくし立てて、俺は本当の怒りの矛先をごまかしていることに気づいた。。
俺が不謹慎だとか言ったミリアやキティなんかじゃない。

俺だ。
俺は俺に腹を立てているのだ。
死んで花蓮に会いたいと自殺を試み、怖じ気づき、いまだのうのうと生きながらえているこの体たらく。
「情けねえ人間なんだよ・・・・・・」
そんな言葉が自然と口をついて出た。


「・・・・・・死ぬのが怖いことの何がいけないのよ」
俺の言葉にミリアが静かに、しかし怒りさえも秘めた声で言う。
「死ぬのが怖いなんて当たり前よ。この国にいる人は皆その恐怖と戦ってるの。いつ魔物がやってきて、町を、家族を、滅茶苦茶にしていくのかわからない。不安でも毎日を今まで通り生きていくしかない。そんな私たちの気持ちが今日ここに来たあなたにわかる?あたしは、」
ミリアは立ち上がり、俺の目を見据えていった。

「あんたがまた死のうとしたり、死にたいとか言ったり、考えたりしたら、許さない」

俺はミリアの目を見た。真っ直ぐな目。一分たりとも曲がらない正しい目。俺は彼女の目によく似た目を知っている。とても懐かしい、恋しい目だ。同じように覚悟を持って毎日を生きる人間の目だ。
俺もミリアにならって立ち上がった。
ミリアは俺に道を示してくれている。

俺は彼女に俺の心を示さなければならない。
「・・・・・・わかった。俺はもうそんなことしない。二度と。誓うよ。そして一度は過ちを犯した償いとして、あいつに、花蓮に、恥じないよう、俺はこの国でこの国の人のために戦う。これ以上・・・・・・誰かが死ぬのを見ているだけなのはごめんだ」
「当然よ。あなたはもうレジスタンスの一員なんだから」
ミリアが手を差し出す。俺はその小さな手を握り返す。俺たちは強くうなずき合う。キティが握手した手に乗る。顔を洗う。あくびをする。俺がぱっと手を離す。キティが落ちる。キティが猫パンチを繰り出す!効果は抜群だ!

「はーあ、ばかね・・・・・・」
にゃにゃにゃにゃにゃー!と繰り出される猫パンチの連打でやられる俺の情けない姿を見て、ミリアはそうつぶやいた。

†††
今日のおまけコーナー!
「ブラックキャット・スラッシュ」
攻撃力:100
素早さ補正:+300
特殊効果:ジョンに対してのみ攻撃力+150

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)