FC2ブログ


詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで 2-7

†††2-7

「おはよう」
「・・・・・・おはよう」
起きるとミリアはすでに片づけを終えており、キティと二人で俺の顔をのぞき込んでいた。正確には寝顔か。
「何してるんだ」
「面白い顔してるから、つい」
「・・・・・・失礼だろ?」
<そうだよ!ジョンに失礼だよ、ミリア!>
「お前もな!黒猫!」
「ジョン、今日は本部に行くわよ」
「ジョンじゃねえ・・・・・・ってお前今すごく大事なこと言わなかったか?」
「昨日言ってなかったかしら?」
「言ってた?」
<全くジョンはこれだから・・・・・・>
「うるさい黒猫。お前これからどこ行くか言ってみろ」
<魔王の城>
「わかった。お前はもう黙れ」
「そうよ、キティ。正解」
<やったあ!>
「本部って魔王の城なのか!?」
「キティがそこに行くと言うなら私は行くわ」
<ミリア!>
「キティ!」
飛びついてきたキティをミリアはがしっとキャッチ・アンド・ハグした。
「・・・・・・結局行き先はどこだよ」
俺の言葉にキティとの熱いハグを終えたミリアはこう言った。
「都よ」

†††
今日のおまけコーナー!
<・・・・・・>
「・・・・・・」
<・・・・・・>
「・・・・・・」
<・・・・・・ねえ、ミリア?>
「何、キティ?」
<いつまでジョンの顔を見てればいいの?>
「ジョンが起きるまでよ」

更新遅れちゃった、ごめんね!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)