FC2ブログ


詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで2-15

†††2-15

「魔術について何を知っていますか?」
「・・・・・・何も。ただ、瞬間移動したり、異性を幻惑させる魔術があることは知ってる」
「何ですか、その極端な知識は・・・・・・。まあ、それであなたがどうやって昨日の今日でここまで来れたのかはわかりました。瞬間移動ですね」
「そうだ」
「その瞬間移動の魔術師はミリア・ワッフルワインですか?」
「ミリアを知ってるのか?つーか、あいつの名字ってワッフルワインだったのか・・・・・・」
ワッフルワイン・・・・・・。なんかぴったりな感じもするがかなりへんてこな名前だな。
「やはりワッフルワインですか・・・・・・。瞬間移動と異性幻惑と聞けば彼女しか思い当たりません」
「瞬間移動はともかく異性幻惑でも有名なんだ・・・・・・」
「彼女の美貌とあの魔法の組み合わせは完璧ですからね。あなたも引っかかった口ですか?」
「引っかかったけど魔術にかかってはいないよ」
「なんですか、それは・・・・・・」
「ところであの魔術がかからないことってあるのか?」
「どんどん話が脱線していきますね・・・・・・。ありますよ。相手に想い人がいるときです。・・・・・・いるんですか、あなたにも?」
レインは少し意地悪そうな顔をして言う。男友達が彼女いるのかよ~、と聞くときのノリにちょっと似ている。
「・・・・・・ああ。いるよ」
ちょっと口調が苦々しくなった。
「そうですか。では・・・・・・」
そのとき、俺の隣の空間に穴があいた。何のことかは察しがつくだろう。
奴が来る!

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)