FC2ブログ


詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで 2-16

†††2-16

「迎えに来たわよー・・・・・・ってこれは何!?」
ミリアはやる気のない声で『扉』をくぐるやいなやこの状況に驚いた声を出した。
なにせ無言の重装兵の団体に囲まれて俺と白い天使が話し込んでいるのだ。叫びたくもなるだろう。
「あら、ワッフルワイン」
「あ!えーと、ジャベリン様?」
とミリアはレインを見て、ひざまずき、名前を聞いた。・・・・・・レインがミリアにどんな自己紹介をしたのか大体察しがついた。
「・・・・・・私ジャベリンでしたっけ?」
「・・・・・・俺に聞くな!」
「・・・・・・とりあえずはレインでかまいません」
「わ、わかりました」
ミリアがあまりにも低姿勢なので俺もするするとミリアの横に同じくひざまずいた。そしてついでにミリアにこそこそと話しかけた。
「・・・・・・こいつ偉いの?」
「めっちゃ偉いわ」
「どのくらい?」
「多分この国で最強の人間よ」
「え?」
その言葉に俺は思わずミリアの横顔を見た。相も変わらず端正な顔立ちはいつもと違って真剣な表情だった。

「・・・・・・わかった?大魔術師って偉いでしょ」
レインはいつの間にか俺の隣で話を聞いていたらしい。
「・・・・・・めっちゃ偉いってことはわかりました」
「よろしい」
レインは立ち上がり、ひざまずく俺たちの前に立って言った。
「ワッフルワイン。彼は我ら、国王の正規軍に加えます。よろしいですね?」

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)