FC2ブログ


女神テミスの天秤 11-4,11-5

†††11-4

静は大学への支度を終え、玄関のドアを開け、鍵をかけた。
持ち物は鞄一つ。薄く化粧をし、自慢の黒の長髪もきちんと整えてある。
ふわふわと長髪をなびかせて静がアパートを出ようとしたとき、背後でがちゃり、と音がした。
ふと振り返ってみると、男が二人、部屋から出てきた。
その一人は渡だった。

†††11-5

「・・・・・・」
「・・・・・・」
渡と静は一言も話さなかった。
静は、渡の隣で気まずそうにしているクチナシに一瞥すると、そのまま踵を返してアパートの階段を下りていった。
古い錆びた鉄の階段が耳障りな音を立てている間、渡は微動だにしなかった。

「・・・・・・行こうか」
しばらくして渡は呆然と立ち尽くしていたクチナシに声をかけた。
「・・・・・・ああ。社長が待ってる」
クチナシは渡の肩をぽんぽんと二回たたいた。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)