FC2ブログ


北の海の魔女 66.0

†††66.0

「あれが噂に聞くアヴィンの関所か・・・・・・」
将軍が右隣の将軍補佐官に声をかけた。将軍らしく厳めしい鎧に身を包んでいる。
「噂通りなら相当に攻めづらそうですが、どうするのですか?」
将軍は豊かなあごひげを撫でた。
「まあ、まだ何とも言えんな。ここでは遠すぎる。しかし・・・・・・」
途中で将軍は言いよどむ。
「しかし、なんです?」
「うむ・・・・・・。ここまで敵兵を全く見ていない。偵察の者すら、だ。何というか・・・・・・気味が悪くてな」
「なるほど・・・・・・。あなたはどう思いますか、グルップリー」
補佐官は将軍の左隣、馬に乗り、緑色の帽子、緑色のローブに身を包んだ男に声をかけた。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)