FC2ブログ


北の海の魔女 67.0

†††67.0

「なるほど。あなたはどう思いますか、グルップリー?」
補佐官に声をかけられた。
まだ、特に異常は見られない。魔法の罠も、無い。
「しばらくは大丈夫でしょう。もう少し進軍しても、問題ないかと」
「魔法で攻撃されるとして・・・・・・どの辺りまでが安全に進軍できる?」
次はあごひげをいじり続けている将軍に質問された。
「あの関所から魔法の遠距離攻撃を仕掛けようとしているなら・・・・・・
あと一時間は行軍を続けてよいでしょう」
「間に・・・・・・ここから関所までの間に敵が潜んでいる、ということはないのか?」
補佐官が前方を指さす。
「私は魔法が使われた場合、その位置が視認できます。それがどんな魔法であっても私の視野の中であればわかります。今は何の魔法も使われていないため、魔法による小細工は現時点で皆無です」
「魔法の罠、とかは無いのか?」
次はあごひげの質問か。
「罠、と言っても完全に静止した罠はありません。誰かが多少の出力を行っていない限り、魔法というものは発動しません」
「動力が無ければ・・・・・・ということか」
あごひげが目を細める。
私はあごひげの問いかけに、はい、と答え、前方をにらんだ。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)