FC2ブログ


詰みゲー! 2-20

†††2-20

「なんや、お前が勇者かいな。えらい頼んなさそうやんけ」
「は、はあ。すみません」
自分に落ち度はないはずなのだが思わず謝ってしまった。
しかしながら、跪いて頭を下げなければならない相手だとどうしても強く出られない。
俺は元々そんなに強気な性格ではないのだ。
「まあ、ええわ。今はお前みたいな奴でも頼らんとしゃあないもんな」
「が、がんばります」
俺はこんな言葉遣いでいいのかな、と思いつつ答える。
側の大臣の行列がざわついたが問題の関西弁が大丈夫そうな気配なので大丈夫だろう。
「おい、大魔術師。こいつで間違いないんやな?任命するで?」
「はい陛下。間違いありません」
レインが頭を下げてそう答える。

・・・・・・そう、俺は今この国の国王の前にいる。
そして国王はなぜか関西弁だった。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)