FC2ブログ


詰みゲー! 3-1

†††3-1

陽暦4932年
旧ウェストリア帝国領
北西にある町
エストラルト公爵家
東棟二階

「お早うございます、お嬢様」
「ああ、お早う」
少女は眠たい目を無理に開けた。
執事になどに眠気に負けるところなどみせるものか、と言わんばかりであった。
しかし、まだ十歳にもなっていない少女が睡魔を完全に御し切れるはずもない。まぶたはゆっくりと閉じていった。
「朝食ですよ、お嬢様」
私は笑いをこらえながら言った。
案の定、少女ははっと目を開けた。
「わかっている」
私が今日の予定をお嬢様に全てお伝えしたところで一人のメイド、ニーナが一礼して入室してきた。
「ちょっと」
ニーナはこそこそと私のそばに寄ってくると耳打ちをした。
「旦那様が?」
私が聞き返すとニーナはこくりとうなずいた。

ニーナによれば、旦那様がお呼び、らしい。
一体何を言われるのだろう?

「わかった。ではお嬢様を下までお連れしておいてくれ」
私はニーナに、新入りメイドに、初めての任務を言い渡し、困惑するふりであたふたする彼女をおいて四階の書斎へと向かった。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)