FC2ブログ


北の海の魔女 84

†††84

「彼の魔法がどんな仕組みで掛けられていて、なぜあなたに見破れないのかは言えない」
「・・・・・・そうか。・・・・・・で、お前は何だ?」
グルップリーが目の前の少年を指さして尋ねた。
「この子は参謀だよ。彼が今回の作戦の大半をひねりだしたんだ」
ホルトゥンがうすい笑みを浮かべつつ横から説明する。
「・・・・・・ほお」
「いやいや、ホルトゥンのアイデアがほとんどでしょ。何言ってるんだよ」
「そうだっけ?」
「・・・・・・つまりお前達二人だけで、我々は窮地に立たされていると?」
ホルトゥンと少年のやりとりにグルップリーは冷水のような声で質問した。
「・・・・・・そうなるね」
少年がやや真顔に戻って応える。
グルップリーはぎりっ、と唇を噛み、右腕を伸ばした。
「お前達が・・・・・・」
西の国の魔法使いの殺気に少年とホルトゥンは身を強ばらせる。
「・・・・・・やめておけ。お前に俺たちは見切れない」
ホルトゥンが少年も初めて聞くような低い声で告げる。
「見切れないだと・・・・・・?上等だぜ。辺り一面を火の海にすれば関係ないだろ!」
「大将も近くにいるんだけど。巻き添えになっちゃうよ」
少年が静かに忠告する。
「・・・・・・問題ない。彼も軍人だ。こういう時の覚悟はできているはずだ」
「じゃあ、彼らもいいのかい?」
少年はホルトゥンに頷いてみせた。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)