FC2ブログ


詰みゲー! 3-41

††3-41

「じゃあねー♪」
そう言って赤服への別れの挨拶を終えたレインが『門(ゲート』を閉じ、こちらを振り返った。
「あらあら・・・・・・」
そこには冷や汗をかいて薄ら笑いを浮かべる私がいた。
「お、お嬢様・・・・・・」
ついでに私の両脇に立ち、剣を首筋にぴったりと当てている二人の兵士もいる。

ここは・・・・・・隣町のシザータウンだ。
町の入り口の門構えに見覚えがあるし、「ようこそシザータウンへ!」と書いてある。
割と大きな町で門兵もいれば軍隊も持っている。国のものと比べればちゃちなものだが、一つの町の規模としては驚異だ。
さっきの町、クロックタウンでも警備兵はここから雇っている。
周辺で最も強い町、と言えるだろう。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)