FC2ブログ


北の海の魔女 105

†††105

東の国の城内の議堂にて。大勢の臣下たちが長机を囲んでなにやら話し合っている。

「・・・・・・さっき捕虜軍から使者が来た。どうも和睦を求めているようだ」
「はぁ!?」
「一体どういうことだ?」
「わからん。もう何がなんだか・・・・・・」
「・・・・・・だがまあ、これに乗らない手はあるまい。城に籠もっている分にはともかく、隙を突かれれば破られかねん」
「臆しすぎでは?籠もっている分には問題ないのだろう?」
「いや、連中の中にホルトゥンと件の少年がいることを忘れてはいかん。二万の軍を無傷で手中におさめたことを考えれば・・・・・・」
「だが連中は西の軍に捕らえられたのではなかったのか?」
「いやいや、それは仮定に過ぎない。ありとあらゆる可能性を考えた方がいい」
「連中も与している可能性、か?」
「ところで、密偵は入り込めたのか?」
「はい。ですが一般兵は何も知らないらしく・・・・・・」
「情報は無いと?」
「はい」
「待て。一般兵は知らない、とはどういうことだ。自分たちがなぜ首都の目前で停止している理由も知らないと言うのか?」
「そのようです」
「それは・・・・・・」
「妙な話だな」
「ああ」
「妙だ」
「単純に西の国の将軍が兵を操っているのなら一般兵に進軍の理由を隠す必要は無い。今後、首都を攻めるのなら大っぴらに宣言し、士気の高揚に努めるべき。とすれば・・・・・・」
「あの二人が・・・・・・」
「黒幕だな」

そのとき、議堂の扉が開いた。一人の兵が伝令を伝えに来たのだ。

「申し上げます!ただいま、西門にて例の軍より使者が参り、入門の許可を請うております。いかがなさいますか?」
「・・・・・・決して通すな!よいか、何人たりとも決して通してはならん。誰がやって来て何を言おうとも私が責任を取る、通すな。・・・・・・城門の守備兵全員に伝えよ。我々に確認無く城門を開けた者は厳罰に処すとな」
「はっ」

伝令兵はその返答を聞き、西門へと戻っていった。

「なにゆえ通してやらないのですか?こちらにとって現状は憂慮すべき事態。打開策が見つかるやもしれぬというのに」
「たわけ。先ほどの話を聞いていなかったのか?ほぼ確実にホルトゥンは我々の敵だ。ヤツの侵入はなんとしても防がねばならん。『盾』があると言っても、数は多くない。城内の兵全員を『幻影』から防ぐには足らんのだ」
「例えばヤツが城内に入り込み、城門を守備する兵などがホルトゥンにはめられれば、一巻の終わりだ。城門は開き、外の二万の軍勢は一気呵成に攻め込んでくるだろう。つまりヤツに侵入されてはならんのだ」
「どうすれば侵入を防げると・・・・・・?」
「ヤツの魔法は所詮幻術に過ぎない。物理的な事柄はどうにもできないのだ。今のように『決して城門を開けるな』と伝令すれば、ヤツは城門で立ち往生するしかない」
「ふーむ、なるほど・・・・・・」
「いや!それでも不十分だ。閂番主と門番主の最低でも二人に『盾』を与えねばならん」
「なぜだ?」
「門番が『我々の許可を得た』と錯覚した場合、閂番が門番の命令で門を開けることが可能だ。逆に閂番が『門を開けろと命令された』と錯覚した場合も同じだ」
「なるほど・・・・・・。誰かおらぬか!」
「はっ。ここに」

守備兵の一人が部屋のドアを開ける。

「人を遣って今すぐ門番主と閂番主に『盾』を与えよ」
「了解しました」

守備兵は部屋から退出し、直後に別の誰かに命令する声が聞こえてきた。命令をまっとうしたようだ。

「さぁて、どうなることか・・・・・・」


*閂番主と門番主という役職を出しましたが、こんな役職が実際にあるのかは不明です。この世界にはあります(笑)。なお、読み方は想像にお任せします。
ちなみに閂番が門を実際に開ける人で門番は門の開閉の命令を下す人、です。


†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)