FC2ブログ


詰みゲー! 4-4

†††4-4

「はあー。こっちもでっかい門だなあ」

街の入り口の門とは別に中の城の門をくぐって、その巨大さにジョンは感嘆する。

「この城は二重の城壁、二重の門に守られているのよ」

ひたすらに感心する少年に少女はなぜか自慢げに説明する。

「そういえば俺って城の中を自由に歩けたけど大丈夫なのか、防犯とか」
「ああ。それなら問題ないわ。目印があるから」

そう言って少女は少年の胸を指さした。しかし、少年にはそこに何かがあるようには見えなかった。

「何もないけど・・・・・・?」
<無いんじゃないよ、君に見えないだけさ>

黒猫が少女の帽子のつばの上から発言した。

「マテリアルっていう、魔法の一種みたいなものよ」
「マテリアル・・・・・・?」
「そのうちわかるわ。・・・・・・さてと、あなたはどうするの?」

城を覆う城壁の外の広場で少女は立ち止まり、少年に尋ねた。

「どうする、とは?」
「・・・・・・あたしと一緒にレジスタンスに行くかってこと」
「行くさ。そのために来たんだろ、ここまで」

そうね、と言って少女は少年に背を向け杖を振り上げた。

「じゃあ、行きましょうか」

†††




ミスった。予約投稿のつもりが……!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)