FC2ブログ


詰みゲー! 4ー5

†††4-5

「じゃあ、行きましょうか」

そう言うと少女は杖を縦に一振りした。すると振った杖の軌道に沿って空間に裂け目ができた。

(さっき聞いたレインの魔法に似てるな・・・・・・)

オーレンの話に出てきたレインの『次元の門番(ゲートキーパー)』と目の前の少女の魔法を照らし合わせてジョン(翔太)は心の中でつぶやく。

「さあ、さっさと行くわよ」

少女は体を半分裂け目に突っ込みながら手招きをした。





「へえ、ここがレジスタンスの・・・・・・!」

裂け目を抜けると、三人はだだっ広い平原の上に立っていた。学校のグラウンドにやや似ている。正面には見渡す限り兵舎が建ち並んでいた。ざっと百はあろうか。この中にどれだけの人数がいるのか、ジョンには見当もつかなかった。

「すごいじゃないか、ミリア。数百人って言ってたけど嘘だったの
か?」
「・・・・・・嘘じゃないわよ」

つかつかと兵舎に歩き出しつつミリアと呼ばれた少女は説明する。

「あの兵舎はレジスタンスのものじゃないのよ。正確には国軍のもの。私たちはただ演習場と宿舎を借りているだけよ」
「え?じゃあ、普通の兵士もいるってことか?」
「そういうことよ。正面の十の兵舎がレジスタンスのもの。他は全部国軍の兵士のものよ」
「へえ・・・・・・。真ん中にあるんだな。特等席だ」
「・・・・・・そうね。特等席よ」

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)