FC2ブログ


詰みゲー! 4-21


†††4-21

ジョン達の前に現れたお姫様は屋敷に入るなり、きょろきょろと辺りを見回し始めた。

「姫様、お行儀が悪いですよ」
「ああ、せやな。初めて見る屋敷やからついな」

そう言ってケラケラと笑う。更に姫は首を傾げて言う。

「おかしいなァ。ここにおるんはメイド以外は五人やって聞いてたんやけどなァ・・・・・・」
「兄は今、私用で出ています」

ベンのことだ。

「そおなんか、残念やな」

耳元の髪をくるくるといじりつつ、姫が正面を歩いていく。脇にはジョン達やメイドさんがずらりと並んでいる。
貴人ってのはこういう人のことを言うんだな、とジョンは心の中で不思議に納得する。他人に敬われるべくして生まれた存在。生まれながらのナントカってヤツ。

「レイン中佐から聞いたとは思うけど、ウチは今日からここで住むことになってる。その間ウチのことは王女やと思わんでええよ」
「えっと、それはどういう・・・・・・」
「敬語でなくて結構!・・・・・・ってことや」

クラリス姫は一声元気よく叫ぶとにこっと笑った。その言葉を聞いてシャープが声をかける。

「・・・・・・よろしいので?」
「もちろんや。二言は無いで。ウチは女やけどな」
「では、クラリス。あなたはここへ何用で来たのかな。ここはただの訓練場だが」
「父上がウチにここに行け、言うてん。なんや次世代の軍がどうのこうの・・・・・・。よおわからんかったけど、まあ仲ようしてや」
「なるほど・・・・・・。わかった」

ジョンはなにがなんだかさっぱりだったが、シャープにはわかったようだ。

「みんなもこれでええかな?」

クラリスが輝く目でぐるりと周りを取り囲む人間を見る。その瞳に若干の不安の光を宿していたのを見て、まずミリアが声を発した。

「あたしは歓迎するわよ」
<じゃあ、ボクも>

続いてキティ。更にロベルトがうなずく。声が出なかったのだろうか。最後にジョンが、
「もちろん歓迎だ。大人数の方が楽しいし」
許可した。
それを聞いてクラリスは大げさなまでにガッツポーズを取った。

「いよおぉぉぉぉっしっ!!みんなよろしゅう!」

こうしてクラリスは満面の笑みとともに屋敷の住人となった。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)