FC2ブログ


詰みゲー! 4-27

†††4-27

「ミリアと友達に・・・・・・ねえ」

クラリスに秘策を授けるとベンはすぐに仕事に戻っていった。部屋に一人残されたクラリスはお茶をゆっくりと飲み干し、ポットからもう一杯分のお茶を注ぐ。
隣の部屋には使用人が待機しており、呼べばそのようなことでも喜んでやってくれるが、クラリスは一人で過ごす時間が好きだった。静かに考え事をしたいタイプなのだ。

(さっきは王様の命令について、『勇者は役に立つから』とか曖昧なこと言うたけど、ホンマはちゃうんや)

姫が一杯、茶をすする。

(父上はホンマは東狼団と仲良うしたいんや。なんせ強いしな。味方にすれば心強く、敵に回せば厄介ってヤツや。・・・・・・けど、大っぴらに仲良うはできん。国民の中には奴らに家族を殺された連中もおる。昔の話、では片づかんのや)

姫が伸びをして椅子の背もたれに体重をかける。

(ここで勇者の出番や。まだ従軍してへんけど正式に国軍に加わったら、勇者ははっきり言うて、国軍でもあり、東狼団でもあり、それでいてどちらでもない。正に微妙な存在や。あいつを上手く利用すれば、東狼団っちゅうごっつい味方を得られるかもしれん。・・・・・・ウチには失敗は許されへんのや)

姫は立ち上がると、侍女を呼び部屋を片づけさせると、ミリアを探すために部屋を出た。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)