FC2ブログ


詰みゲー! 4-31

†††4-31

ジョンが具象化を覚えた四日後の朝食。
食堂にはジョン、シャープ、クラリス、ロベルトがいた。ミリアとベンは仕事。

「ロベルト、この後の予定は?」
「ありません。私は常にここにいるよう言われておりますので」
「では、ワシからレインに言伝があるんだが、頼めるか?」
「ええ、もちろん」
「言伝って?」
「お前のことだ、ジョン。お前の伸びが思ったよりも速くてな。次の段階へ進むに当たって準備をしたいと思ってな」
「どんな準備なんや?」
「クラリスも興味があるのか?」
「いや、面白そうやったら見よかな思て」
「面白くないよ。どうせロクでもないことだし」
「それがええんやんか。ウチ、ジョンが困ってるとこ見んの好きや」
「いい性格してるぜ・・・・・・」

***

朝食を終えて、道場にて。

「さっきも言ったが、ワシもまさかお前が一月足らずでここまで伸びるとは思わなんだ」
「いやあ、それほどでも」
「ウチも思わんかったわ」
「そんなにつき合い長くねえよ」
「さて、今日はいよいよC級の魔術師としての最大の関門に挑戦する」
「最大の関門?」
「そうだ。これができるか否かで魔術師の強さが変わる」
「固有魔法か?」
「いや違う。それはA級とB級の境界だ。今からやるのはB、C級の境界・・・・・・」

シャープの口元がにやりと歪む。

「属性魔法と『譜(スペル)』だ!!」
「楽しみやなあ~」

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)