FC2ブログ


北の海の魔女 109

††109


レイケン将軍は『盾』を背中に背負い、槍を構えると馬を走らせてホルトゥンに突撃した。
ホルトゥンがそのまま何もしなければ数秒後には彼は串刺しにされてしまうだろう。
『盾』は所持している者に効果をもたらす。だから、今のレイケンにホルトゥンの〈幻影〉は一切効かない。突撃してくるレイケンに〈幻影〉を見せても無意味なのだ。

レイケンの突撃を目の当たりにしたホルトゥンが他人事のように呟いた。

「こりゃあ、避けられないな」

レイケンの突進は速く、そして一分の隙も無かった。走ったり跳んで突撃を避けようとしても彼の槍からは逃れられまい。彼と彼の愛馬の人馬一体の突撃に仕留められないものは無いと言われているのだ。

「行くぞ、ホルトゥン!お前の心臓を我が愛槍で貫いてやる!」
「やってみな!〈幻影〉!」
「っ!」

ホルトゥンが〈幻影〉を発動させた瞬間、レイケンは突撃を中断した。正確には馬が走るのをやめた。
『盾』の所持者に〈幻影〉は効かない。しかし、所持者の乗る馬であれば〈幻影〉は効く。ホルトゥンはそれを利用して〈幻影〉で存在しない壁を馬に見せたのだ。

「小賢しい!馬を下りれば済む話だ!」

レイケンが馬を下り、槍をかかげ気合いを入れ直す。
それに合わせるように城門の兵たちが歓声を上げ、太鼓を鳴らす。
城門の上のやぐらにちらりと目をやったホルトゥンは左大臣の顔を見つけた。

(左大臣が見物か、珍しい。……ははあ、奴がレイケンを差し向けた張本人というわけか)

太鼓の音が鳴る。レイケンが雄叫びを上げ、自分の足で走って来た。歓声がより一層大きくなる。

(レイケンには歓声が聞こえているらしいな。……それを利用しよう)

ホルトゥンはレイケンから逃げるように走り出した。

「逃げても無駄だ、ホルトゥン!」
「逃げてるわけじゃない!〈幻影〉!」

ホルトゥンが〈幻影〉を発動させると同時に太鼓の音が止み、歓声が悲鳴に変わった。


†††

次回投稿はまた来週です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)