FC2ブログ


ドレス&タキシード! 2-6 落とし物管理のプロ

更新に困ったときはドレタキというパターンが安定化してきている……。


2-6 落とし物管理のプロ 


丸メガネをかけた愛想の良さそうな女性がにこやかに話しかける。

「こんにちは。何か落とし物?」
「はい、ブローチを落としてしまって・・・・・・」

エリーが持っていたおしごと大全(第四巻)の導きによって執事、エリーそしてメイドBは四階の落とし物管理事務室にやって来ていた。

「誰がメイドBよ!」
「空気読めよ。静かにしろよ」
「何か期待されてる気がして・・・・・・」
「誰も期待なんかしてないよ」
「先輩方、静かに。」
「「うっ・・・・・・」」

新米メイドのもっともな注意に先輩二人は何も言えなかった。その様子を見て先ほどのメガネの女性がふふ、と笑う。

「どちらが先輩かわかりませんね」
「「うぅ・・・・・・」」

それだけは言葉にしてほしくなかった、と内心ごちる先輩二人であった。


***


丸メガネの管理人(フィローネさんという名前らしい)が持ち込まれた落とし物の一覧表のファイルをめくりながらブローチを探してくれている。エリーはその横からフィローネさんの手元を熱心に眺め、無能な先輩二人は仲良く指遊びをしていた。

「あ、ありましたよ。ブローチですね、百合の花を模したやつ」
「それです!よかった!」
「あ!、えーと・・・・・・ごめんなさい、勘違いです。もう持ち主がいらっしゃって返却済みですね」
「ええ!?」

面白そう、と役立たずな先輩二人は指遊びをやめて近寄ってきた。

「えーと、もしかして間違えちゃったりとか!百合のブローチなんてそんなに無いのでは?」
「確かに落とし物としてはあまり見ませんが・・・・・・」
「イニシャルで『E』って彫ってあるんです。ありませんでしたか?」
「あ、ああ!確かにありました、Eのイニシャル。ごめんなさい、間違えてしまったようね。返してもらいましょう」

そのとき、管理室の奥から年輩の男性の声が飛んできた。顔は見えないが上司だろう。なかなか渋い声だ。

「おーい、フィローネ君。そそっかしい犯人は誰だったかね?」
「えーと・・・・・・、クリスンさんです」
「それ、きっとメイドのクリス君だよ。また騙されたのかね、フィローネ君」
「え・・・・・・ええ!?」
「彼女の変装と偽名が見破れるようにならないうちはまだまだ君も一人前(プロ)とは言えないよ」
「そんなぁ・・・・・・」

何が起こっているのか皆目見当もつかないエリーたちの前でフィローネさんは意気消沈した。

「あ、あの、フィローネさん?」

エリーがこわごわ声をかけるとフィローネさんはいきなり復活した。ころころと感情が急転する人である。

「やってやるわよ!あのメイド、今日という今日は目にもの見せてやる!」

謎の決意表明をするフィローネさんの後ろで三人は話がこじれてきたことを痛感していた。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)