FC2ブログ


詰みゲー! 5-1選択(後半)

今週は詰みゲー!です。ずっと前に前半を載せたまま放置していた第五章の一話の後半を書きました。五章までが長すぎたのですが、本番はここからです。あらすじを更新してこれまでの流れを書いておくので、長すぎると感じた人はそちらでショートカットしてください。それではまた。


***

「これが〈キャシャラト〉です!」

レインが指さしたのは流線型のフォルムを持った小型の輸送機だった。大きさは二十五メートルのプールにすっぽりと入る程度。色はくすんだ青と灰色。

「おー、これが〈キャシャラト〉か!カッコいいじゃん!」
「いいから乗れ!」

〈キャシャラト〉の大きさに感心していたジョンであったが、シャープによって機体のわき腹に付いているドアに突っ込まれた。

「ローシェ、もう時間が無いから飛ばしてちょうだい!」
「了解です!」

レインが操縦席の辺りに命令すると少年の声が返事をした。直後、〈キャシャラト〉が大きく揺れ始める。明らかに離陸が始まっていた。

「ジョン!」

レインに呼ばれたのでジョンは開けっぱなしのドアから首を出した。機体は既に少し浮いていて今にも飛び立とうとしていた。

「必ずミリアを連れ帰ってください!さもないと・・・・・・」

レインは二の腕を曲げた。

「お仕置きです!」

二の腕を曲げたのは失敗したら拳骨、という意味か。

「わかったよ!殴られたくないからな!必ず連れて戻るよ!」
「約束ですよ!」

ジョンがドアから頭を引っこめると同時に<キャシャラト>が低い機械音を発して飛び立った。


***


みるみる小さくなっていく〈キャシャラト〉を見上げてレインがつぶやく。

「行っちゃいましたね」
「そうですね、お嬢様」

レインがオーレンを見上げてニヤリと笑った。

「これから忙しくなりますよ、オーレン」

くるりと踵を返して足早に王城へと向かうレインと、その後ろを三歩退がってついていくオーレン。

……何年も続いてきたこの微妙な距離が修復しようもないほどに離れてしまうのはこれから一ヶ月後のことである。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)