FC2ブログ


北の海の魔女 29.0

†††29.0

その言葉にリーダーが油断なく目を光らせる。男が次に何を言うか注意深く聞いているのだ。半端なことを言えば殺されるかもしれない。

「西の国を知っているな?」
男は切り出す。口調は淡々と、早くもなく、遅くもない。
リーダーは黙っている。男はリーダーの目を見据えて言う。
「西の国の南西の町ランフェン、その郊外に不穏な気配あり、だ」
部下たちがざわつく。声の具合からすると話を信じたようだ。
しかし、リーダーは細い目をさらに細くした。
「・・・・・・不穏な気配?なんだそれは」
鋭い刃物のようなリーダーの視線が男を、そして少年をえぐる。
男は視線を正面から受け止めて斬り返す。

「・・・・・・軍隊が結成されつつある」

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)