FC2ブログ


北の海の魔女 44.0

†††44.0

「さ、どうぞ」
門番が屋敷の入り口まで着いてきて呼び鈴を鳴らした。するとすぐに執事らしき人物が扉を開けた。
「この子が例の子だそうだ。旦那様の所まで案内して差し上げてくれ」
「わかった。・・・・・・ようこそおいでくださいました。どうぞお入りください」
そう言って執事は少年を中に入れた。

執事に連れられて豪華な廊下を歩く。長い廊下にいくつも部屋が並んでいて、そのうちの一つで執事は立ち止まり、ノックした。
すると中から男が扉を開けた。
「旦那様は?」
執事がその男に聞く。
「今は起きていらっしゃる」
「わかった」
執事が部屋に入り、部屋の奥にある扉の前で止まり、
(こちらです)
と手で示している。少年がその扉の前に立つと、
「旦那様、よろしいでしょうか」
「なんだ?」
「件の少年がいらっしゃっています。お会いになられますか?」
「もちろんだ。お通しせよ」
執事が扉を開け、お辞儀をする。少年が入ってもいいのか、と執事の顔を見ると、執事は軽くうなずいた。
「ああ!来てくれたのか!」
『旦那様』は部屋に入った少年を見るとそう言った。
『旦那様』は大きなベッドから体を起こしていた。体中に包帯を巻いている。
少年はあわてて駆け寄った。
「あああ!横になって寝ていてください!ええと、旦那様」
『旦那様』は素直に横になった。そしてくっくと笑うと、言った。
「気を使わなくてもいいよ。君には命を救われた恩がある」
「わかった。じゃあ、他の人と同じように接します」
『旦那様』、いや男はその言葉にうなずいた。
「あなたは何者なんですか?」
少年は気になっていたことを男にずばり聞いた。
「私は君が設定したようにこの国の貴族で、正に王様の家臣だ」
「じゃあ、僕のついた嘘は・・・・・・」
「嘘ではなく本当だった、というわけだ」
そこで男はハハハ、と笑った。
「びっくりしたよ、全く」
快活そうに笑う男につられて少年もははは・・・・・・と力なく笑った。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)