FC2ブログ


詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで1-5

†††1-5

え、と振り返ると女の子が不思議そうな顔でこちらをじいっと見ている。思わず見つめ返してしまった。
「えっと、君は?」
「あたしは向こうの家に住んでるの」
そう言って指をさす。その指の先にはドーム型の家が点々と建っていた。妙な家だな、と思った。
「お兄ちゃんはどこから来たの?」
「俺は・・・・・・」
夢の中でもこんな小さな子供に嘘を言うのはためらわれた。かといってわからないんだよ、あははー、も選択肢としては無かった。
「ハンナー!どこだい?」
そのとき救いの声が俺の耳に届いた。女性の、おそらくはこの子の母親の、声だった
「お母さーん!ここだよー!」
ハンナと呼ばれた少女が母親に向かって手を振る。母親はハンナを見つけて、ついでに娘の隣にいる男を見つけて近づいてきた。
「料理の手伝いをしてほしかったんだけど・・・・・・あんた、誰だい?」
肝っ玉母さん的な感じで聞いてくる。ありがたいことに敵意は感じられなかった。
「坂井翔太と言います。散歩していたらここに来ました」
嘘は言ってない・・・・・・よ。
「へえ・・・・・・。今から昼食なんだ。あんたもどうだい?」
「えっ、いいんですか?」
「いいさ。ハンナ、牛の乳を搾ってきてくれる?」
「わかった!」
そう言ってハンナは母親の頼みを聞いて走っていった。
転ばないようにね、と叫ぶ母親に手を振り返すハンナ。
全く、と母親は苦笑いを浮かべる。しかし、振り返って俺を見た時にはその目に笑みは残っていなかった。
「・・・・・・あんた、本当はどこから来たんだい?」
え、と口ごもる俺に母親は言う。
「ここは崖に囲まれた山の上なんだ。入り口を通れば鈴の音が鳴るようになってる」
「・・・・・・それをなぜ今言うんですか?俺が襲いかかる、とか思わないんですか」
ハンナの母親はにや、と笑った。
「おもしろいことを言うわね。なんとなく大丈夫だと思ったのよ。・・・・・・今なら娘もいないからね。で、あんたは何なの?」
「わかりません。俺もどこから来たのかわからないんです。と言うよりも俺は今ここが夢の中だと思っています」
母親が俺をしばらくぽかんと見つめ、いきなり笑いだした。
「あはははは!あんた本当に面白いね!その夢の世界について後で説明したげるよ!」
そう言って笑い続ける母親の後を俺はややこしいことになってるんじゃあないか、とため息をついた。

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)