FC2ブログ


詰みかけのゲームみたいな世界に迷い込んで1-6

†††1-6

昼食のスープをいただき、ハンナが昼寝をしているとき、母親が説明をしてくれた。
何から話そうかね、とつぶやく顔からは何を考えてるのか読めなかった。
「うーん、よし。決まった。ことの起こりは五年前さ。たったの五年。それでこの世界の様相はすっかり変わってしまった」
どうやらただの世間話ではないようだ。
「北西の大陸の端の端、そこに穴が開いたと言われてるわ」
「穴・・・・・・?」
落とし穴だろうか?
「落とし穴ですか?」
「そんなわけないでしょ。穴からね、何かこう、訳の分からないものがいっぱいでてきたの。魔物って言われてるわ」
「魔物・・・・・・」
大分トンデモ展開なようだ。
「そう。その穴から無限にわき出てくるの、この世界のどんな動物よりも速くて、凶暴で、強い生物が。話では人間の三倍もある巨人とか、火を吐く竜とか」
まるでRPGに出てくる魔物そのままだ。できれば一生関わり合いになりたくない。
「それでどうなってるんですか。その穴は。塞がったんですか?」
「まさか」
そう嘲るように言った時の母親の顔が印象的だった。
「穴は塞がってないわ。国は何度も何度も穴を塞ごうと軍を出したんだけどね」
「今、抗戦中?」
「そう聞いてるわ。でももう穴を塞ぐどころの話じゃないのよ」
母親の顔は絶望を垣間見せた。
「もう、この国の七割は占領されてしまった、という噂よ」

†††
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)